autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 スバル レガシィツーリングワゴン グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2009/6/12 13:00

スバル レガシィツーリングワゴン グレード比較(3/4)

関連: スバル レガシィツーリングワゴン Text: 松下 宏 Photo: 富士重工業株式会社
スバル レガシィツーリングワゴン グレード比較

2.5GT/2.5GT Lパッケージ/2.5GT Sパッケージ/2.5GT SIクルーズ

210kWのパワフルなエンジンを搭載したツーリングワゴンの2.5GT系も、2.5i系に対してボディ代で15万7500円ほど高くなっている。

厳密に言うと、SIクルーズだけはリヤ間欠ワイパーが標準かオプションかという細かな違いがあるため、B4とツーリングワゴンは14万1750円の価格差となるが、実質的に15万円+消費税の差であるのは変わらない。

ベースグレード2.5GTは300万円を切る価格を設定するために用意されたグレードというイメージで、運転席パワーシートが設定されないなど、装備がかなり貧弱になる。

スバル レガシィ シートメモリ機能
スバル レガシィツーリングワゴン 2.5GT Lパッケージ フロントスバル レガシィツーリングワゴン 2.5GT Lパッケージ リア

価格重視で選ぶのが間違いであるとまでは言わないが、より満足度の高い上級グレードを選んだほうが長く乗ることができる。ベースの2.5GTはお勧めグレードにはできない。Lパッケージには運転席10ウェイ、助手席8ウェイパワーシートなど、快適性を重視した装備になっている。

スポーティなエンジンを搭載したモデルであっても快適なクルマに乗りたいという人にお勧めだ。

Sパッケージは専用の外観やビルシュタインのダンパーなど、走りのための装備や仕様がいろいろと用意されている。スポーティな走りを重視するならこのグレードを選ぶと良い。走りと使い勝手の両立というツーリングワゴンが作ってきた歴史をしっかり継承するのがこのグレードであり、ある意味で最もレガシィらしいともいえるのがSパッケージだ。

スバル レガシィ SIクルーズ
スバル レガシィツーリングワゴン 2.5GT SIクルーズ フロントスバル レガシィツーリングワゴン 2.5GT SIクルーズ リア

最上級グレードとなるSIクルーズは、レーダークルーズコントロールを標準装備したグレードで、快適装備の面でLパッケージをベースにそれ以上のものが用意されている。カーナビ、本革シート、サンルーフなどはオプションだが、それ以外の快適装備は基本的に標準で装備されている。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21