autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight(E型)試乗レポート/マリオ高野 2ページ目

試乗レポート 2013/6/21 09:30

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight(E型)試乗レポート/マリオ高野(2/2)

関連: スバル レガシィツーリングワゴン Text: マリオ 高野 Photo: オートックワン編集部
スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight(E型)試乗レポート/マリオ高野

高級オプションでもいいから、MTという選択肢も欲しいところ

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight

さらに特筆したいのが、10ウェイで電動調節ができるシートの掛け心地の良さです。表皮はファブリックながら、背中と腰を包み込むフィーリングがことのほか気持ち良く、座った瞬間から「おお!」と声が出るほどホールド感が素晴らしいです。「2.5i B-SPORT EyeSight Gパッケージ」には標準装備で、Gパッケージなしはメーカーオプションとなりますが、長距離・長時間のドライブが好きな人は、ゼヒこれを選んでください。

ネガな部分をあえて挙げると、先代モデルの最終型で得られた悶絶レベルにはまだ及ばないと思える点です。現行型のどこかにとりたてて不満があるのではなく、先代の最終型があまりにも良過ぎた(ボディの剛性感やステアリングのソリッド感がハンパなかった)という印象が強いので、自分の頭の中で先代の味が美化しているだけなのかも知れません。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight
スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight

あとは去年のD型以降、MTがなくなったのはやはり寂しいですね。MTは、もはや高級オプションとして割高になってもいいので、選択肢を残して欲しいものです。

ところで、現行レガシィといえば国内では「肥大化」を残念がる声がいまだに聞かれることがありますが、あらためてその点を考えながら乗ってみても、やはりクルマの大きさを感じさせられることはほとんどありません。

たしかに5ナンバー時代と比べたら大きくなりましたが、全幅は1780mmで、2.5リッターの中型セダン&ワゴンとしては、国際的にも決して大きすぎる数字ではなく、競合にあたるアテンザやアコードなどと比べればはるかにコンパクトです。日本の住環境では「車庫に5ナンバーサイズしか停められない」という事情もあるかと思いますが、インプレッサという弟分もあることですし、レガシィのサイズアップについてはそろそろ理解してあげても良いのではないでしょうか。

むしろ、昔のほうがレガシィとインプレッサの車格がかぶり過ぎて、グレード展開がおかしかったので、今のほうが位置づけとしては適切化されたと思います。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25