autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィツーリングワゴン 試乗レポート

試乗レポート 2003/6/20 17:58

スバル レガシィツーリングワゴン 試乗レポート

スバル レガシィツーリングワゴン 試乗レポート

スバルを支える屋台骨『新型レガシィ』

リアスタイリングキー

レガシィは富士重工の誇りであり、糧でもある――と、こう書いてしまうとちょっぴり語弊があるかも知れない。けれども、内容的にはこれが間違っているとは言えないはずだ。今やレガシィと並んでスバルを代表するモデルへと成長したインプレッサもフォレスターも、ハードウェア的に見ればすべてその“母体”はレガシィにある。現在の同社の好調な業績も、すべては1989年に初代モデルが誕生をして以降のレガシィのヒットに牽引をされていると言って過言ではないからだ。レガシィというブランドなしに今の富士重工というメーカーは考えられないのである。

というわけで、3回目のフルモデルチェンジを行った新型レガシィがいよいよ発進した。これまで、キープ・デザインのイメージが強かったエクステリアがかなり大胆に変わったことに、まずは驚いた人も少なくないだろう。特に、フロントとリアエンドのデザインは歴代のモデルチェンジの中でも最大級の変化。ちなみに、フロントグリル内を誇らしげに横断する水平のバーは、「富士重工が航空機産業を起源とするメーカーであることをアピールするもの」と言う。

開発の随所に高い次元でのバランスを感じることができる

ヘッドライトサイドターンランプ付サイドミラー

従来型の開発プロセスと同様に、今回のモデルも「ワゴンボディの開発の方がセダンよりも先行した」というのがユニーク。通常、セダンの開発がワゴンに先行をするのが“世界の常識”だ。が、レガシィの場合はそんな常識が通用しない。「リアエンドに大きな開口部を持つワゴンの方が、セダンよりも構造上の難易度が高い。難易度の高いモデルを先行で開発した方が後のモデルの開発が楽になるし、よりバランスが高くとれたボディを作りやすい」――これが、レガシィが“ ワゴン先行開発”にこだわる理由である。

ところで4気筒レガシィとしては初めて、全幅が“3ナンバーサイズ”へと踏み込むことになった。拡大幅はわずかに35mmだが、それでも過去の歴代モデルが“5ナンバーサイズ”を売り物としただけにここに抵抗感を抱くレガシィ・ファンも少なくないであろう。

開発陣にこの点を尋ねると「それは運動性能を向上させた上で使い勝手も上げるために取った手段」と説明する。すべての走りの性能に拘わるタイヤに18インチという大径仕様を新設定した上で、「従来型では5.6mに達してしまっていたターボ付きモデルも含め、すべてのモデルの最小回転半径を5.4mに収めるために必要だったボディ幅が、新型の1730mmだった」と言うのだ。確かに、新型レガシィは登録上は3ナンバーサイズになってしまった。けれども、それは欧米市場での適性を念頭に考えた大きさではなく、あくまでも日本市場での扱いやすさを考えての結果ということは記憶に留めておいても良いだろう。

胸のすく加速、軽快なハンドリングが魅力

試乗試乗

やはりデザインが一新されたダッシュボードまわりを筆頭に、インテリアの質感も上々の新型レガシィで走り出してみる。スタートの一瞬の力強さが従来型よりも1ランク増しとなっているのは、ターボ付き/無しに拘わらず全モデルで実感の出来る走りの第一のポイントだ。と同様に、街中のちょっとした交差点を右左折しただけでも、ノーズの動きが軽快さを増したことに気がつく。大幅な軽量化が売り物の新型だが、特に過給機をツインからシングル化したターボ・モデルの場合、フロントセクションでの減量分が大きな割合を占めることになるわけだ。

自然吸気エンジンを積む『2.0R』でも動力性能に不満はない。が、クルマにはスポーツ性を求めたいという人にとって魅力的なのは、当然ターボ付きのGT 系の方だろう。アクセルペダルを深く踏み込んだシーンでのその加速力は相変わらず強力。気筒ごとの爆発をイメージさせる心地良い鼓動を残しながら、高回転へと気分良くスムーズに伸びるそのターボパワーは、洗練度をさらに増した印象だ。セダンとワゴンとでほぼ同じ乗り味を示す『2.0GT』は静粛性も高く、前述の軽快感を生かしたコーナリングも得意な一方で長時間のグランドツーリングにもうってつけ。ATが5速化されたのも大きなニュースで、MTもATも双方オススメに値する1台と言える。

よりスポーツ色を求めるなら『GTスペックB』をチョイス

試乗試乗

一方、ホッテストバージョンとして新設された『GTスペックB』は、セダンとワゴンとで少々フットワークの印象が異なった。前者の脚のセッティングはかなりスパイシーで、路面によっては跳ねるような硬さを示す場面もあったほどの生粋のスポーツ派。それと比べるとワゴンは多少しなやかな印象で、公道上で乗るならばこちらの方がオススメと感じた。ただし、このグレード専用の18インチ・シューズは通常の『GT』にもオプション設定をして欲しい。大径シューズならではのカッコ良さは欲しいが、乗り心地を犠牲にしたくはない、とそんなユーザーもきっと居るに違いないからだ。

筆者: 河村 康彦

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23