autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ 2.5i EyeSight tS 試乗レポート/マリオ二等兵 2ページ目

試乗レポート 2012/11/24 00:00

スバル レガシィ 2.5i EyeSight tS 試乗レポート/マリオ二等兵(2/2)

スバル レガシィ 2.5i EyeSight tS 試乗レポート/マリオ二等兵

クルマの声が聞こえてくるような一体感

スバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tSスバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tS

NAエンジンのCVTのみということで、いつものターボベースと比べるとファミリーユース向けにマイルドな味付けになっているのかと思いきや、そんなことは全然ありません。乗り心地の第一印象は、先代のターボtSよりもむしろ引き締まっているとさえ思いました。

実際、バネの硬さは前作と同程度のようですが、ダンパーの減衰力の数値はより引き締められています。その一方でブッシュはより柔らかくしているなど、トータルでは異なるセッティングが施されているのです。

さらに、ただ引き締められているだけではなく、路面の凹凸をいなしながら車体をフラットに保つ「強靭なのにしなやか」という感覚は、先代よりもさらに強まっていると感じました。

また、高速道路上での前後ピッチングの大きさや、後部座席の乗員が感じる排気のこもり音がオーナーさんから指摘されたようですが、それらのネガも入念に走り込んで解消されています。

キツメのコーナーを旋回中にも躊躇なくブレーキが踏める安定感と同時に「ホントはここでブレーキ踏まないほうが速く走れるよ」と耳元でささやいてくれるような、自分の運転操作とクルマの挙動の関連が実感できるという不思議な感覚もまた、いつものSTIマジックのひとつといえるでしょう。

ステアリングの入力に微塵も遅れず、また余計に動くこともなく、自分のイメージした通りのラインが狙える感覚や、どこまで攻め込んでも怖いと感じる瞬間がなく、自分とクルマの限界が見極めやすいなど、STIコンプリートカーならではの美点はしっかり受け継がれていることを実感しました。

スバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tS インパネスバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tSスバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tSスバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tS/革&アルカンターラ コンビシート(STIロゴ刺繍&チェリーレッドステッチ入り)フロントシートスバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tS/革&アルカンターラ コンビシート(STIロゴ刺繍&チェリーレッドステッチ入り)リアシート

受け継がれる「手組み」の伝統

スバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tS

ホイールは軽量化されているものの、タイヤやブレーキは標準車と変わらないのに、絶対的なグリップや制動力が高まっているかのように感じるのは、4輪の接地性が最適化されたことの証明です。

また、今回はSTI車としては初めてアイサイトが装備されていますが、アイサイトの制御に関しても入念な走行テストが繰り返されました。

アイサイトの作動は非常にデリケートなので、わずか15mm車高が下がっただけでも障害物の認識精度に影響が出かねません。フル乗車時や、フル積載時などはさらに車高に変化が生じるので、誤作動を起こす可能性を徹底的に低くするための入念なテストが必要なのです。

スバル レガシィB4 2.5i EyeSight(アイサイト)tS
スバル レガシィB4 2.5i EyeSight(アイサイト)tSスバル レガシィB4 2.5i EyeSight(アイサイト)tS

「なぜ全車種の全グレードにアイサイトを装備できるようにしないのか?(オプションでも)」という声はよく聞かれますが、アイサイトは後付け的にポンと装着できるものではなく、サスの設定ごとに適切なセッティングを施さねばならないので、お金も時間もかかるのです。今度のtSでは、なんと贅沢にも1台ずつ適切なセッティングが施されております!

ついでにいうと、サス関係の専用部品も1台ずつボディ側の張力を調べながら装着されているので、アイサイトと足まわりのチューニングに関しては「ハンドメイド」で作られているといえます。

昔のSTIバージョンでは、「手組みバランス取りエンジン」にマニアは垂涎したものですが、STIコンプリートカーには今も「手組み」の伝統が受け継がれているのです!

燃費については、パワートレーンは標準車と変わりませんが、軽量ホイールと空力パーツが装着されているので、標準車よりも良くなっている可能性が高いです(STI初のレギュラーガス仕様!)。

標準車では15km/Lぐらいは簡単に出せるので、それ以上に伸びることが期待できます(悪化する要素は見当たらない)。

スバル レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight(アイサイト)tS

これだけの悶絶マシーンでこの燃費性能は、家計にも優しいといえ、真性・濃厚系のスバリストはもちろん、経済的でエコな悶絶マシンを所望する人にまで、幅広く推奨できます。

貧窮にあえぐマリオ個人は完売するのを見守るほかなく、「またしても買えなかった……」でありますが、死ぬまでには何としても手に入れないので、STIにはコンプリートカーの定期的な販売を継続していただきたいと切に願うばかりであります。

レガシィ「2.5i EyeSight tS」の主要装備

■ 足回り/メカニズム

STIチューニング・ビルシュタイン製フロントダンパー(倒立式)、STI製コイルスプリング

STIチューニング・ビルシュタイン製リヤダンパー、STI製コイルスプリング

STI製18インチ×7 1/2J アルミホイール

STI製フレキシブルタワーバーフロント

STI製フレキシブルドロースティフナーフロントLH STI製フロントブッシュ・アルミフロントロアアーム

STI製フレキシブルサポートリア

STI製ピローボールブッシュ・リアサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリア内側)

STI製スポーツマフラー(ツイン、φ65デュアル×2、STIロゴ入り)

tS 対応EyeSight(ver.2)

■ エクステリア

STI製ルーフスポイラー(ツーリングワゴン)

STI製トランクスポイラー(B4)

STI製フロントアンダースポイラー

専用tSオーナメント(フロント、リア、サイド)

専用STIオーナメント(リア)

■ インテリア、その他

専用ルミネセントメーター(STIロゴ入り、260km/h表示)

専用マルチインフォメーションディスプレイ

STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)

専用本革巻ステアリングホイール(STIオーナメント入り、赤ステッチ)

STI製ロゴ入り本革巻リニアトロニックセレクトレバー

専用シート:アルカンターラ(グレーパンチング)/本革(ブラック)[フロントSTI黒刺繍ロゴ入り、赤ステッチ]

ブラックインテリア[ピラートリム、ルーフトリム、窓肩上トリム類]

チタンカラーカーボン調加飾パネル

アルカンターラ加飾ドアトリム(グレーパンチング)

フロアコンソールボックス(赤ステッチ)

専用サイドシルプレート(フロント、tSロゴ入り)

STI製本革アクセスキーカバー(赤色)

販売計画

2013年3月12日受注分までの限定300台

価格

レガシィ ツーリングワゴン 2.5i EyeSight tS/3,685,500円

レガシィ B4 2.5i EyeSight tS/3,528,000円

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル レガシィB4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29