autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レガシィ ヒストリー -後編-

新型車解説 2009/6/3 09:00

レガシィ ヒストリー -後編-(1/4)

レガシィ ヒストリー -後編-

走りの本命“GT-B E-tune”の登場

レガシィ三代目 フロントスタイリングレガシィ三代目 インパネ

1998年6月、3代目BH型ツーリングワゴンが発売された。日本を代表するワゴンとしての地位を確立したレガシィは、従来どおり5ナンバーサイズを踏襲。3代目では特徴的な大型ヘッドランプを採用し、空力性能を追求したスタイリッシュなフォルムを得た。

エンジンは、280ps(MT車)を発生する2L DOHC2ステージツインターボのほか、2.5L DOHC(167ps)、2L DOHC(155ps)、2L SOHCリーンバーン(137ps)という3種類の自然吸気ユニットを用意。また、5速MT、4速ATとも新世代に進化した。

1998年12月、ワゴンに半年遅れてモデルチェンジしたセダンが、「B4」として発売された。2Lターボの「RSK」と、NAの「RS」がラインアップ。従来はスポーティグレードを示した「RS」の呼称が、B4では位置づけが変わったことになる。これまでセダンのイメージが希薄なレガシィだったが、B4の登場によりセダンの販売比率がグッと高まっていく。

1999年5月、ブラックフェイスメーター、スポーツシフトE-4AT、欧州仕様のビルシュタイン製ダンパーなどを採用した、ワゴンの走りの本命モデル「GT-B E-tune」が設定された。

1999年9月には、ランカスターにドライバー支援システム「ADA」を搭載した「ランカスターADA」が発売。世界初のステレオ画像認識を用いた同システムは、現代の技術を先取りした画期的なものであった。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

スバル レガシィB4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26