autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ ボクサーディーゼルエンジン搭載 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2008/2/6 13:48

スバル レガシィ ボクサーディーゼルエンジン搭載 海外試乗レポート(2/3)

スバル レガシィ ボクサーディーゼルエンジン搭載 海外試乗レポート

軽快かつ力強い走りは、まさに期待と想像以上

試乗

かくして、満を持して誕生のスバル初のディーゼルエンジンは、そのピストンの動きから“ボクサーディーゼル”の愛称を与えられまずはレガシィ・シリーズに搭載。セダン/ワゴン/アウトバックの3ボディ・タイプ全てに設定され、このうち、スペイン南部で開催された国際試乗会ではセダンとアウトバックの2台を試乗した。

スターターモーターの軽い唸りと共に、ガソリン・エンジンよりも多少大きな振動を伴って目覚めた“ボクサーディーゼル”。ただし、ひとたび火が入ればアイドリング時の振動はガソリン車に遜色ない。エクステリア同様インテリアでも、ガソリン車に対して特に変わった部分はないが、唯一フルスケールが5000rpmプラス、レッドラインが4800rpmという設定のタコメーターが、このクルマの心臓がディーゼルである事をアピールする。

加速は期待と想像をしていたよりも遥かに軽快で、かつ力強い。アイドリング付近でクラッチミートをしたその瞬間から、ググッと太いトルク感を味わわされるのはディーゼルならでは。そのまま、アクセルペダルを踏み込むと、これもまた期待と想像以上に滑らかにエンジン回転は上昇する。その感触は、比較すれば65kg軽いセダンがアウトバックをわずかに上回るが、いずれにしても出力的には十分以上。ちなみに、最高速はセダンが208km/h、アウトバックが200km/hちょうどと発表されている。

一方、少々惜しいのは設定トランスミッションが5速MTのみに限られる事。「6速MTは現在開発中で、ATに関しては今後の検討課題」というのが、現時点での公式発表だ。実際、回転の伸びではどうしてもガソリン・ユニットにかなわないディーゼルの特性を勘案し、2速ギアは少々ハイギアード気味の設定。これで最高約100km/hまでのスピードの伸びが確保された一方、極低速域の扱いやすさは一級とは言えない。例えば、欧州には多数存在する小さなラウンドアバウト通過を2速ギアで頑張ろうとしたりすると、時にストール気味になったりするのはちょっと残念。やはり、よりステップ比の小さな6速仕様が欲しくなる。

インテリアサンルーフエンジン試乗

スバル レガシィセダン 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィセダン の関連記事

スバル レガシィセダンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィセダン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィセダン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20