autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ アウトバック 試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2009/6/3 10:00

スバル レガシィ アウトバック 試乗レポート(4/4)

スバル レガシィ アウトバック 試乗レポート

最もまとまりが良いレガシィは、アウトバック!

岡本幸一郎

フットワークについては、もちろんツーリングワゴンに比べて重心も高くなっているのだが、もともと低重心がウリの水平対向エンジン+シンメトリカルAWDシステムゆえ、ハンデを負ったような印象はない。この感覚は、もっと背の高いクロスオーバーSUVであるフォレスターに乗ったときにも、あまり重心が高いことの不具合を感じなかった感覚に通じるものである。

また、ステアリングギア比について、ツーリングワゴンが14.5:1であるのに対し、アウトバックは16.0:1とスローになっている。この値は、フォレスター(15.5-16.5:1)のほうが近い。ゆったりと走ることを前提とした味付けになっているのだ。

225/60R17 サイズのタイヤを履くことで、バネ下重量もそれなりに重くなっているはずだが、シャシーがその重さに負けている印象もない。ただし、ツーリングワゴンでも感じられた、もう少し足がよく動いて欲しい部分があるのも否めない。

ハイトの高いタイヤを履いたことで、縦バネ効果が増えて、乗り心地については上手いこと帳尻が合っている面もあり、むろん、運動性能においては落ちている部分もあり、そのあたりはスペック通りといえる。

それでも、スタビリティとハンドリング、乗り心地などのバランスをトータルで考えると、現状でもっともまとまりが良いのは、このアウトバックではないかと思えてくるのも、また事実である。

アウトバックの生い立ちは、レガシィの派生モデルに違いないが、もはやツーリングワゴンもB4も、そしてアウトバックも、すべてが「主役」といっていいだろう。

かねてから、もし自分がレガシィを買うとしたらどれを選ぶかと常日頃から考えているのだが、考えた挙句に、もっとも総合力が高いアウトバックに行き着きそうな気がしたのは、今回の新型レガシィも同じであった。

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィアウトバック の関連記事

スバル レガシィアウトバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィアウトバック の関連記事をもっと見る

スバル レガシィアウトバック の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25