autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗レポート/藤島知子 3ページ目

試乗レポート 2012/7/2 13:38

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗レポート/藤島知子(3/3)

関連: スバル レガシィB4 , スバル レガシィツーリングワゴン Text: 藤島 知子 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗レポート/藤島知子

リニアトロニックとSIドライブの走りはどうだ!?

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗6[ドライバー:藤島知子]
高トルク対応リニアトロニック(8段ステップ変速制御付)スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗3[ドライバー:藤島知子]

新型レガシィの2.0 GT DITには、スバルが『リニアトロニック』と呼ぶ高トルク対応型として改良されたCVTが組み合わされている。エンジンとトランスミッションの統合制御システム「SIドライブ」の切り替えスイッチを「I」モード(インテリジェントモード)や「S」モード(スポーツモード)に入れて走行しているときは、途切れのない加速フィールで、ストレスの少ないクルージングが満喫できる。開発者いわく『飛行機の離陸のような感覚』というだけあって、大パワーを滑らかに路面に伝えていくさまは同じ2ペダルでもAT車では得られない新鮮な感覚といえる。

MT支持派にとって、6速MT(マニュアルトランスミッション)の設定が無くなったことは残念な知らせだが、しかし高トルク対応型のリニアトロニックは、運転を退屈に思わせるようなことはなかった。ドライバーが変速操作を意欲的に楽しみたいときは、ステアリングに備え付けられたSiドライブのスイッチを「S#」モード(スポーツ・シャープモード)に切り替えればいいのだ。パドルシフトの操作で、ステップATのように8段階でリズムを刻むことができる。これなら、CVT特有の加速に違和感を覚えるドライバーにも受け入れられるはずだ。

「S#」モードのダイレクトな変速フィールを楽しませる走行感覚は、アクセルワークに応じてタイヤのトラクションの掛かり具合がそのまま足の裏に伝わってくるほど。『0-400m加速はMTよりもCVTのほうが速いくらいです』と豪語する開発陣の言葉にも納得してしまう。これまで私が乗ってきたCVT車の中でも、最もアグレッシヴな走りを楽しませてくれたことを嬉しく思った。

ひと回り小さなクルマをドライブさせているような一体感

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 専用18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装+切削光輝)/225/45R18タイヤスバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT 試乗2[ドライバー:藤島知子]

動力性能もさることながら、2.0 GT DIT仕様はビルシュタイン製のダンパーとガンメタリック塗装を施した18インチのホイール、225/45R18サイズのタイヤを組み合わせた足回りは、エンジンのパワーアップに合わせて専用チューンが施されている。固めた足にボディ側が負けないようにボディ補強が施されているが、レーンチェンジをする際、ハンドル操作に修正を与える動作が少なくなって正確性が増した。直進性もしっかりしてきていることから、長距離ドライブのストレスも少なそうだ。

車両をイメージ通りに自然に走らせていけることで、ボディサイズは変わっていないにも関わらず、ひと回り小さいクルマをドライブしているようにさえ思えた。

スバルのラインナップの全体像を見ていくと、レガシィを筆頭に、クラスレスなキャラクターを手にした「インプレッサ」や本格派SUVの「フォレスター」、スポーティな3列シートミニバン「エクシーガ」など、スバルがもつ水平対向エンジンやSIシャシー、AWDといった技術を基軸に様々な車種を従えた構図となる。

そんな中で新型 レガシィに求められるキャラクターは、これまで以上にパッセンジャーズファン(乗り手の楽しさ)を求める傾向が強まっていきそうだ。それだけに、今後も必要なものと必要ではないものを取捨選択した、更なる凝縮感のあるクルマづくりに期待したいと思う。

スバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT エクステリア・フロントスバル 新型 レガシィは精悍なフロントマスクを手に入れたスバル 新型 レガシィシリーズのラインナップスバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT トランク・リアエンド周りスバル 新型 レガシィB4 2.0GT DIT より精悍なフロントマスクに進化した

スバル 新型「レガシィB4 2.0GT DIT」主要諸元

全長x全幅x全高:4745x1780x1505mm/ホイールベース:2750mm/乗車定員:5名/車両重量:1560kg/エンジン形式・種類:FA20型水平対向4気筒 直噴 2.0 DOHC 16V デュアルAVCS ツインスクロールターボ/最高出力:300ps(221kW)/5600rpm/最大トルク:40.8kg-m(400N・m)/2000-4800rpm/トランスミッション:マニュアルモード付リニアトロニック(CVT)/駆動方式:VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD(フルタイム4WD)]/燃費:12.4km/L(JC08モード)/タイヤサイズ:225/45R18/メーカー希望小売価格:3,433,500円[消費税込み]

※B4 2.0GT DIT「EyeSight ver.2」搭載車は2012年9月に発売予定

筆者: 藤島 知子

スバル レガシィB4 関連ページ

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19