autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スバル 新型レガシィ 新型車解説 3ページ目

新型車解説 2009/5/21 06:00

スバル 新型レガシィ 新型車解説(3/5)

関連: スバル レガシィB4 , スバル レガシィツーリングワゴン , スバル レガシィアウトバック Text: オートックワン 編集部 Photo: 小平 寛 Model:黒沢 琴美
スバル 新型レガシィ 新型車解説

フラッグシップに相応しい気品に満ちたインテリア空間

レガシィB4 ハロゲンヘッドランプ&フォグラン
レガシィツーリングワゴン インパネレガシィアウトバック インパネ

新型レガシィ全車に共通しているのは、まず切れ長で大きくなったヘッドランプだ。夜の荒野でも遠くまで照らしてくれそうな眼力の効いたライトは、ハロゲン式とHID式を採用しており、一見、従来のレガシィの落ち着いた顔つきとは結びつかない印象を持つ。

また今回からスバル車初採用となる、電動パーキングブレーキを新たに搭載しているのもトピックスの一つ。これにより従来のサイドブレーキの部分にスペースができ、カップホルダーの並列化、コンソールボックスの大容量化が実現。収納系が少ないと言われていたレガシィだけに、これは嬉しいポイントとなりそうだ。

インパネ全景はスポーティでカチッとしたデザイン。まるで飛行機のコックピットを思わす、スバルならではの演出技法が見て取れる。

シフトも戦闘機のコントロールレバーを彷彿とさせる、太く頑丈なデザイン形状を採用しており、自らがこのクルマをコントロールするという意識を自然と高めてくれる、そんな造り込みがされている様にも感じとれた。

そして忘れてはならないのが拡大された室内空間だ。ホイールベースの75~80mmの延長に伴い、室内長が従来より290~350mmも拡大。それに加え、フロントシートのハイバックを大きく内側へえぐったことにより、後席の足元空間(膝前)はかなり広い。

室内幅も先代モデルより10cmも拡大され、実際座ってみると、これがレガシィかと一瞬錯覚してしまうくらいの広さを誇る。

特にフロントシートに関しては、運転席と助手席の間をこれまでよりも+30mmの距離を設け、乗員に対して余裕のシートポジションを与える造りになっている。まさにラグジュアリーと言って過言ではない、ゆとりの空間が広がる。

これらの大幅なインテリア改善策は、明らかに5代目レガシィが、プレミアムな路線を静かに歩み出し、特別なクラスへ参入して行こうとする証ともとれる。

レガシィB4 フロントシートレガシィツーリングワゴン リアシートレガシィB4 イメージ4電動パーキングブレーキスイッチレガシィツーリングワゴン ラゲッジスペース

スバル レガシィB4 関連ページ

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24