autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 米国でスバリスト増殖中!発表目前の新型XVに電動化(PHV)秘策はある?

自動車評論家コラム 2017/2/27 14:17

米国でスバリスト増殖中!発表目前の新型XVに電動化(PHV)秘策はある?(1/2)

米国でスバリスト増殖中!発表目前の新型XVに電動化(PHV)秘策はある?

ついにフルモデルチェンジ!スバル新型XV

スバル インプレッサ XV コンセプト

2017年3月7日、スイスのジュネーブショーで新型スバルXVがワールドプレミアされる。

新型XVは、現行モデルと同じくインプレッサの派生モデルとして登場する。その“インプレッサ”は“レガシィ”以来、13年ぶりにCOTY(日本カー・オブ・ザ・イヤー)を獲得している。

受賞の理由は、本サイトの各種インプレッション記事で既報のように、エントリーモデルで200万円を切るCセグメントとしては、破格の走りと上質なハンドリング、高品質のインテリア、そしてアイサイトと歩行者保護エアバッグという大盤振る舞いにある。

昨年9月、伊豆修善寺のサイクルスポーツセンターで開催された、インプレッサ・プロトタイプ試乗会で、開発総責任者PGM(プロダクト・ゼネラル・マネージャー)の阿部一博氏は自信満々にこう言った。

「プラットフォームを新規に開発したことで、レガシィなど、スバルの車格の序列がひっくり返ってしまうほど、インプレッサの運動性能が一気に高まった」。

当然、新型インプレッサのDNAは新型XVにも受け継がれる。

さらに、インプレッサと比べると購入者の年齢層が10歳以上も若く、次世代スバルを支える重要なモデルである“XV”にとって必然なのは、電動化への対応だ。

>>スバル 新型XV最新情報はコチラ

嬉しい悲鳴、ZEVへの対応が必須に

SUBARU VIZIV 2 CONCEPT(スバル ヴィジヴ 2 コンセプト):2014ジュネーブショー

「まさか、ウチがZEVの対象になるとは!?」。

数年前、ある雑誌の取材で、当時は新宿駅西口にあった富士重工業の本社の応接室で、アメリカ事業担当役員にインタビューした際、彼は本心でそう答えた。

ZEVとは、ゼロ・エミッション・ヴィークル規制。米カリフォルニア州環境局の大気保全局が1990年に制定した環境に関する法律だ。同州でクルマを販売する自動車メーカーに対して、EV(電気自動車)などの電動車の販売を義務付けるものだ。

2017年初夏に北米市場へ導入される、2018年モデルから、ZEV法が一部改正される。これまでは同州内の年販6万台以上を販売する自動車メーカーを対象としてきたが、これを年販2万台まで引き下げる。その結果、メルセデス、BMW、VWなどの欧州車や、日系ではマツダとスバルがZEVの対象となる。

こうした状況が、マツダとスバルがトヨタと連携し、電動パワートレインの供給を強化する動きの背景にある。

つまり、素直に考えれば、北米で“クロストレック”という名称で販売しているスバルXVは、ZEV対象となる2018年モデルから、トヨタが2017年2月に発売した新型プリウスPHVのユニットを共有する、というシナリオが成り立つ。

本サイトでは以前、新型XVのハイブリッドシステムとして、スバルのコンセプトモデル“VISIV”が搭載を想定した、1.6リッターDITターボの3モーター式についても紹介した。

現時点で、その可能性がゼロになったとは言い切れないが、トヨタがプラグインハイブリッド車市場の拡大に躍起になっている状況を考えると、新型XVにそのユニットが移植される可能性の方が高いと考える。

>>スバル 新型XV コンセプトモデルを写真でチェック(画像27枚)

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18