autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム スバルが2017年登場予定の新型XVをSUBARU電動化戦略の筆頭に│最新情報 2ページ目

自動車評論家コラム 2017/1/23 14:11

スバルが2017年登場予定の新型XVをSUBARU電動化戦略の筆頭に│最新情報(2/2)

関連: スバル インプレッサXV Text: 桃田 健史 Photo: 富士重工業
スバルが2017年登場予定の新型XVをSUBARU電動化戦略の筆頭に│最新情報

キーファクターは、ZEVとCAFE

スバル インプレッサスポーツ

XVがどちらのハイブリッドシステムを搭載するにしても、スバルの関心事は日本市場ではなく、アメリカの燃費規制に向いている。

ここで対象となる燃費規制は2つある。

まずは、ZEV法(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制法)への対応だ。カリフォルニア州環境局大気保全委員会(CARB)が1990年に制定した、EVなどの電動車の普及を促進するためのもの。同法の一部が2017年から改定され、同州内での年間販売台数2万台以上の実績があるメーカーにZEV法が義務化される。

これにより、スバルがZEV法の対象となる。現状で、EVやFCV(燃料電池車)の市場導入の計画がないスバルにとって、最低でもプラグインハイブリッド車の市場投入が必要となる。スバルとしては、アメリカでの販売量が多い、アウトバック、フォレスター、そしてクロストレック(XV)へのプラグインハイブリッド車投入が必然なのだ。

スバルの電動化戦略の筆頭が次期XV

スバル インプレッサ XV コンセプト

さらに、同じく2017年からのCAFE(企業別平均燃費)だ。オバマ政権の目玉政策のひとつとして、これまでのCAFEの考え方をさらに強化し、2017年から2025年まで段階的に規制基準を引き上げるものだ。

スバルにとって、世界市場における販売と収益の主体はアメリカであり、その方針は当面の間、変更はない。そのため、XVを皮切りに、アメリカでの電動化システム導入量を増やす。

そうしたプラグインハイブリッド車のセールスボリュームを確保し、十分に商品競争力を高めたうえで、日本市場ではエコロジー&エコノミーを意識したスバルの電動化戦略が着々と進む。その筆頭が、次期XVであることは間違いない。

日本で、そして世界で、様々な意味で次期XVへの期待が高まっている。

[Text:桃田健史]

>>スバル新型XVのエクステリアデザインを写真でチェック(画像16枚)

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2018/1/22~2018/2/22