autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム HV戦線はさらに加熱! スバルとマツダがハイブリッド市場本格参戦!

自動車評論家コラム 2015/8/31 16:47

HV戦線はさらに加熱! スバルとマツダがハイブリッド市場本格参戦!(1/2)

HV戦線はさらに加熱! スバルとマツダがハイブリッド市場本格参戦!

トヨタHVの累計販売台数(2015年7月末時点)が800万台超え

トヨタ プリウス

先日、トヨタはハイブリッド車のグローバルの累計販売台数(2015年7月末時点)が800万台を超えたと発表した。1997年にプリウスが発売された時点ではハイブリッド車は1モデルしかなかったが、現在はグローバルで30モデルにまで拡大している。

日本市場に限ると、2014年はトヨタの新車登録台数155万台のうち、ハイブリッド車が68万台と4割超を占めた。しかも、ハイブリッド車のうち42万台がプリウスとアクアである。

トヨタとホンダの第一次ハイブリッド戦争はトヨタの勝利

ホンダ インサイト

昨今はカンパニーカーとしてもプリウスを選ぶ企業が増えてきた。燃費がよくて、走りは“電気自動車(EV)風”なので、ガソリン車との差別化ができている。プリウスが売れる理由やプリウス以外のトヨタのハイブリッド車に人気が集まる理由はよく理解できる。

余談だが、トヨタとホンダの第一次ハイブリッド戦争はトヨタが勝った。その理由は単純だ。実はユーザーがこだわったのは燃費だけでなく、EVっぽく走れる2モーターのトヨタの方が未来感があったからだ。数値でクルマを考えるエンジニアにはない視点だ。

このようにハイブリッド市場で圧倒的存在感を示すトヨタだが、近年の販売の数字だけを見ると、他のメーカーの経営者は「ハイブリッドを作らないと売れないのでは」と恐怖を感じるようになった。

排ガス規制が厳しいアメリカのカリフォルニア州ではさらに、電気駆動車に注目が集まっているので、アメリカビジネスにも影響する。

スバルは独自開発の1モーターハイブリッドを実現

スバル XV HYBRID

そんな背景もあって、トヨタ以外の国内メーカーもこれから続々とハイブリッド車を投入する見込みだ。スバルはコンパクトSUVのXVや、ハッチバックのインプレッサスポーツにハイブリッドをラインアップした。

トヨタのハイブリッドシステムTHSを利用したのかと考える人もいるが、縦置きエンジン+CVT(チェーン型)のトランスミッションを持つので、トヨタ方式はまったく使えない。

スバルは独自に開発した10kWのコンパクトなモーターをCVTに内蔵して、1モーターハイブリッドを実現し、アイドルストップはごく自然に行われる。

バッテリーはニッケル水素。スバルはEVのR1eを手掛けた経験があり、バッテリーやモーター技術は決して不得意な領域ではない。プラグインハイブリッド(PHEV)化への道筋も探っている。スバルのハイブリッド戦略は始まったばかりだ。

スバル インプレッサXV 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21