autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート STIが手掛ける「マニア向け」じゃないtSモデルとは?XVハイブリッド tSコンセプト/レヴォーグ試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/6/20 18:21

STIが手掛ける「マニア向け」じゃないtSモデルとは?XVハイブリッド tSコンセプト/レヴォーグ試乗レポート(3/3)

STIが手掛ける「マニア向け」じゃないtSモデルとは?XVハイブリッド tSコンセプト/レヴォーグ試乗レポート

STIスポーツパーツ満載の「レヴォーグ1.6GT-S」

STI レヴォーグ1.6GT-S スポーツパーツ装着車

もう一台は、スポーツツアラー「レヴォーグ1.6GT-S」にSTIスポーツパーツを満載したモデルである。

こちらはコンプリートカーではなく、ノーマルのレヴォーグにSTIパーツを装着したクルマ。それゆえ、すでに所有しているレヴォーグを比較的手軽にSTI仕様にカスタマイズできるのだ。

>>レヴォーグ1.6GT-S STIスポーツパーツ装着車の写真を見る

定番の「フレキシブルタワーバー」、「フレキシブルドロースティフナー」に加え、新たに「フレキシブルサポートサブフレームリア」を設定。サブフレームの剛性バランスをチューニングすることで、後輪の接地性をより高める効果がある。

更に「19インチアルミホイール」や「スポーツマフラー」なども装着しているが、サスペンションはノーマルのままだ。

リアサスの動きはノーマル車よりもスムーズ

STI レヴォーグ1.6GT-S スポーツパーツ装着車STI レヴォーグ1.6GT-S スポーツパーツ装着車

ノーマルのレヴォーグはリアのスタビリティの高さに対し、相対的にフロントが足りない感じがしていたのだが、コイツはリアの安定感の高さはそのままに、4つのタイヤをより上手く使って曲がる印象。

実は筆者は「フレキシブルサポートサブフレームリア」を装着する前のこのクルマに以前試乗したのだが、それに対しては、前出のXVハイブリッドtSコンセプトと同じように、路面からコントロールの自在性が増している。

また、リアサスの動きも以前よりもスムーズさが増しており、レヴォーグのウィークポイントの一つ「リアサスの収まりの悪さ」も薄れている。

STIの渋谷真氏によれば「ノーマルのサブフレームは剛性が高すぎなので、STIでは他とバランスを取るために調整をしています」と語る。

STI レヴォーグ1.6GT-S スポーツパーツ装着車STI レヴォーグ1.6GT-S スポーツパーツ装着車

また、スポーツマフラーは排圧を40%軽減させたこだわりの逸品で、実用域のトルクアップやアクセルを踏んだ時のピックアップの良さ、そして最近のスポーツマフラーでは数少ない心地よいサウンドが印象的だ。

レヴォーグにはコンプリートモデル「STIスポーツ」が近々登場する予定となっており、そうすると「STIスポーツ」とこのモデルの違いが気になってくる。

答えは、「どちらも同じ方向を向いているが、STIスポーツパーツをフル装備させることで“tS”相当に仕上がるので濃度は高まる」ということ。

そう言う意味では、ノーマルはもちろん「STIスポーツ」にもお勧めしたいアイテムと言えるだろう。

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19