autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート STIが手掛ける「マニア向け」じゃないtSモデルとは?XVハイブリッド tSコンセプト/レヴォーグ試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/6/20 18:21

STIが手掛ける「マニア向け」じゃないtSモデルとは?XVハイブリッド tSコンセプト/レヴォーグ試乗レポート(2/3)

STIが手掛ける「マニア向け」じゃないtSモデルとは?XVハイブリッド tSコンセプト/レヴォーグ試乗レポート

SUVとスポーティハッチのいいとこ取りの走行性能

STI XVハイブリッド tSコンセプトSTI XVハイブリッド tSコンセプト

大きくイメージチェンジした内外装に対し、走りの部分は従来と変わらず真面目。STI定番の独自理論の補剛パーツ「フレキシブルタワーバー」、「フレキシブルドロースティフナー」がプラスされ、XVハイブリッドの機動性を犠牲にしないために、あえて車高はノーマルと言う専用セッティングのサスペンションを採用。

タイヤは純正品(ヨコハマ・ブルーアース)をそのまま使用している。

>>STI XVハイブリッド tSコンセプトの写真を見る

実際に乗ってみると、「SUVとスポーティハッチのいいとこ取り」と言った走りだ。他のSTIコンプリートモデル同様に、より滑らかになったステアリング系は僅かな操作に対してもレスポンスよく反応、操舵時の応答遅れ(特にリア)もほとんど気にならない。

ロール量が抑えられているだけでなく、ロールスピードも上手にコントロールされているサスペンションと相まって、4つのタイヤを上手く使って曲がっている印象だ。

もちろん、快適性は犠牲にせず…である。バネ/ダンパーはハードな方向にセットされているが、荒れた路面や街中などでは逆にノーマルより快適かつ質が高い乗り味である。

「コンセプトモデル」とはいえ、まもなく市販化されるはず

STI XVハイブリッド tSコンセプト

最終的にはスタビリティを重視した安定方向のハンドリングではあるものの、そこに辿りつくまでの過程は、これまでのSTIコンプリートモデルよりもコントロールの自在性が増しており、「必ずしもアンダーステアが正解ではない…」と言う走りだと感じた。

このように「走りの懐」が深いモデルなので、ポップ&カジュアルな内外装を気にいって購入した人でも、ステアリングを握れば「あれっ、このクルマは乗りやすい」、「乗っていて安心感が高い」と、”STIらしさ”を感じ取ってもらえると思う。

あくまでも「コンセプトモデル」と言っているものの、まもなく市販化されるのは間違いないだろう。恐らくXVシリーズのファイナルスペックであると共に、STIコンプリートモデルの新提案と言うモデルになるはずだ。

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24