autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル XV ハイブリッド プロトタイプ 試乗レポート/マリオ高野 2ページ目

試乗レポート 2013/5/23 18:07

スバル XV ハイブリッド プロトタイプ 試乗レポート/マリオ高野(2/2)

関連: スバル インプレッサXV Text: マリオ 高野 Photo: 和田清志
スバル XV ハイブリッド プロトタイプ 試乗レポート/マリオ高野

実は、見えない部分はフルモデルチェンジ並みの変更が施されている

スバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプ

パワートレーン以外では、インナー部分に吸音・遮音材を大量に追加し、ステアリングに新しい制振機構(従来のダンパー式ではないもの)を採用するなどして、大幅な静粛性の向上と低振動化をはかりました。

ステアリングのギア比をクイック化したことにも注目で、ハイブリッドなのにハンドリングのキビキビ感を高めることを求めたスバルらしい部分です。もちろん、ダンパーやスプリングは専用チューニング。車重はノーマルのXVと比べて120kg程度重くなっているので、より引き締まったものになっています。

見えない部分はフルモデルチェンジ並みの変更が施されているのに、内外装については拍子ヌケするほど普通のXVと変わらないところもまた、スバルらしさ炸裂ポイントといえます。

ボディパネルやバンパーなどの変更点はゼロ。パッと見の識別点はテールレンズがクリアになっていることと、ホイールが空力向上デザインになったことぐらい。テールレンズのクリア化については「トヨタとホンダの後追いっぽい」などと批判されそうですが、すでに「ハイブリッド版=テールレンズクリア」のイメージは世間一般に浸透しており、「ハイブリッド」という記号性を視覚的に強調する効果は大きいので、ここだけは是非に及ばずという感じです。 あと、これは見えませんが車体の底面にはフラットな空力改善パーツが装着されております。

タイヤサイズは従来の2リッター「XV」と同じ225/55R17。タイヤ銘柄も同じくYOKOHAMAのブルーアースながら、実は中身は別モノのハイブッリッド専用設計なので、摩耗後などに交換する際はマッチングに要注意です。普通のブルーアースを履くと、乗り心地や燃費に悪影響が出る可能性が高いです。

もはや、前述した内容だけで「並大抵の凡庸なハイブリッドカーではない」ことが理解でき、スバリストならばスペックだけで悶絶してしまいそうですが、実際に走ってみても期待を裏切りませんでした。

スバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプ
スバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプ

ケチ臭いアクセルワークなんて一蹴するほどの加速感

スバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプ

まず、スターターボタンを押してエンジンをかけた瞬間から、騒音と振動の少なさに驚きます。普通のXVも決してうるさいクルマではありませんが、よりコンフォートな印象です。そして、ギア比がクイックになったステアリングはグッと重めで剛性感さえ高まったような手応え。この瞬間から、エコ性能ではなくスポーツ性能への期待が高まりました。

バッテリーの充電状況や電力の使用状態など条件にもよりますが、スバル車ではお馴染みの「SIドライブ」を「Iモード」にしたまま静止していると、やがてエンジンはストップ。40km/hまでは電気モーターのみで走るEVモードが使用でき、ハイブリッドカーらしい粛々とした徐行が可能です。

しかし、ちょっとでもアクセルを踏み込むと即座にエンジンが始動するため、静止状態からEVモードのまま交通の流れに乗ることは現実的ではありません。このEVモードは車庫入れ程度の微速領域と、中速での巡航時専用といった雰囲気で、超ノロノロ運転でチマチマとした走りで燃費を稼ぐような、ドライバーとしては痛痒感だらけの乗り方を想定していないことがわかりました。

スバル XV ハイブリッド プロトタイプ

まるで「そんなケチ臭いアクセルワークなんてしてないで、さっさとエンジン&モーターのパワーで普通に気持ち良く加速しようぜ!」とクルマが語りかけてくるかのようです。EVモード切り替え用のスイッチを儲けていないことからもそんな意図が見えてきます。

モーターの最大出力は13.6馬力、最大トルクは6.6kg-mなので、排気量が少し大きくなったNAエンジンというような自然な盛り上がり感が得られました。バカッ速系のハイブリッドSUVの、怒濤のような加速感を期待すると拍子ヌケするかも知れませんが、タイムラグがゼロの低圧過給器付きエンジンのような上品なフィーリングです。アクセルをOFFにすると普通にエンジンブレーキがかかり、条件次第ではエンジンがストップ。走行中のエンジンのON/OFFも自然で違和感はまったくなし。下り坂では60km/h程度までEVモードが持続します(ブレーキ圧の確保を優先し、60km/h以上ではエンジンは止まりません)。

ちなみに、将来追加される見込みのアイサイト装着車はブレーキ圧確保用の機構を装備するため、80km/h程度でもEVモードを維持することが可能とのこと(巡航時の燃費はさらにアップ)。

キモチ良さを最優先にしたスバルらしいハイブリッドカー

スバル XV ハイブリッド プロトタイプ

XVハイブリッド(プロトタイプ)の試乗は富士スピードウェイのショートサーキットコースで行われましたが、サスペンションのダンピングの効きっぷりは感動レベルでした。

S字での切り返しでも車体の傾きの収まり具合が素晴らしく、旋回姿勢の安定感が強烈です。すでに今どきのSUVは、コーナリング時に重心の高さを感じさせないことが当たり前になりつつありますが、XVハイブリッドはさらに別格といえるでしょう。

スバル XV ハイブリッド プロトタイプ
スバル XV ハイブリッド プロトタイプスバル XV ハイブリッド プロトタイプ

ギア比のクイック化と前後重量配分の改善のおかげで少ない操舵量でもハナ先はグイグイとイン側を向いてくれますし、荷重移動がしやすいので、得意の腕アンダーを誘発しそうになっても、アクセルワークでアンダーを消すことが難しくありませんでした。

今回は悪い路面を走ることがなかったものの、個人的にはインプレッサシリーズで最高レベルの「いなし感」を感じました。乗り心地はインプレッサG4/スポーツ→XV→XVハイブリッドの順で良くなっており、ここでもXVハイブリッドがインプレッサシリーズ(NA)の頂点に位置づけられるグレードであることを実感。

総じて「XVハイブリッド(プロトタイプ)は、期待以上に走りのキモチ良さを最優先にしたスバルらしいハイブリッドカーであった」と断言します。

「エコカーでも楽しさと気持ち良さが第一」とするスバルの姿勢に、あらためて安心しました。「スバル車はツマラナイクルマになりつつあるのでは?」と危惧する守旧派も心配ご無用です。

いつの日か、すべてがハイブリッドになろうが電気自動車になろうが、タイヤがなくなって空中を飛ぶようになろうが、スバルのクルマは「楽しい&キモチイイ!」を失うことはないはず。 試乗後は、そんな期待が確信に変わりました。

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24