autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサXV 試乗レポート/マリオ二等兵 2ページ目

試乗レポート 2012/11/9 16:04

スバル インプレッサXV 試乗レポート/マリオ二等兵(2/2)

関連: スバル インプレッサXV Text: マリオ 高野 Photo: オートックワン編集部
スバル インプレッサXV 試乗レポート/マリオ二等兵

蓄積されたノウハウの集大成が反映されているサスペンションセッティング

スバルXVスバルXVとマリオ二等兵

そんなスバル車随一の大ヒットオシャレモデルのXVですが、もちろん見た目だけのクルマではありません。

長年にわたり車高アゲ系モデルを作り続けたことで蓄積されたノウハウの集大成が、サスペンションセッティングに反映されております。

スプリングやダンパー、スタビライザーなどはもちろん専用品ですが、とにかくアンチロール性が高く、最初のコーナーでコーナリング速度と安定感の高さに度肝を抜かれました。一瞬、「コレってSTIチューンのコンプリートカーだっけ?」と考えてしまったほど、キツメのコーナーの奥で心地よい高めの横Gを発生させるのです。

重心が高いクロスオーバー車にありがちなオットット感は微塵もなく、峠道では思いがけずハイなテンションで運転を楽しむことができました。

どちらかというと低燃費志向の、絶対的なグリップは決して高いほうではないタイヤを履いているのに、まるでサスペンションから真下に伸びた長~い杭が地面深くまで突き刺さっているかのような感覚を伴うロードフォールディングに悶絶です。物理的に考えればオカシイのは承知の上ですが、NAインプレッサのベスト・ハンドリングと評させていただきます。

スタイリング良し!走行良し!!燃費良し!!!

スバルXV 試乗走行レポート

乗り心地は国産の同クラスの中ではやや固めで、路面によっては前後のピッチングが気になる瞬間もありますが、欧州のライバル車と比べれば際立って固いとはいえない程度です。

高速巡航時の安定感と静粛性の高さもまったく文句なし。燃費は、低燃費走行を意識せずともJC08モードの15.8km/Lは簡単に越えられました。

悪路走破性については、今度発売する新型フォレスターの方に軍配が上がるでしょうが、スバルのAWDは全車ともナンチャッテ四駆ではないので、少なくとも同クラスの都会寄りなクロスオーバーSUVよりは、はるかにヘビーデューティな走りにも応えてくれるはずです。最低地上高は200mmもあり、豪雪地域での走行にも高いレベルで対応できるでしょう。

スタイリングに惹かれてXVを買った非スバリストユーザーが乗り味に悶絶し、「スバルってすげー!」と驚きながら真性スバリストと化していく。XVにはそんな効能が期待できそうなので、まったく喜ばしい限りであります。

スバルXV 試乗走行レポートスバルXV 試乗走行レポートスバルXV 試乗走行レポートスバルXV 試乗走行レポートスバルXV 試乗走行レポート

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23