autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スバル XV マイナーチェンジ(2014年11月)新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2014/11/25 11:05

スバル XV マイナーチェンジ(2014年11月)新型車解説/渡辺陽一郎(2/2)

関連: スバル インプレッサXV , スバル XV Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 富士重工業株式会社
スバル XV マイナーチェンジ(2014年11月)新型車解説/渡辺陽一郎

EyeSightは「ver.3」へ!これだけの機能アップを果たしながらも価格は以前と変わらず

スバル XVスバル XV

そして装備で最も注目すべきは、衝突の回避を支援するアイサイトがバージョン3に進化したことだ。

レヴォーグやWRXと同様、センサーとして使うステレオカメラの映像がカラーになり、先行車のブレーキランプが点灯したことも検知できる。そのために危険の回避操作をうながす警報や緊急自動ブレーキも、早期に作動させられる。

車線の中央を走れるように、ハンドル操作を助けるアクティブレーンキープも採用した。

このようにマイナーチェンジを受けたXVは、内装から走行性能、さらに燃費まで、いろいろな機能をバランス良く高めている。それなのに価格はマイナーチェンジを受ける前と基本的に同じ。

推奨グレードは、アイサイトバージョン3を装着するノーマルエンジンの2.0i-Lアイサイト(255万9600円)と、ハイブリッドの2.0i-Lアイサイト(286万2000円)だ。

ノーマルエンジンとハイブリッドの損得勘定を計算すると、価格差を燃料代の差額で埋めるのに、おおむね7~8万kmの走行を要する。なのでハイブリッドは、1年間に1.5万km以上を走るユーザーに推奨したい。もっとも、ハイブリッドはモーター駆動の併用で動力性能も向上するから、走行距離が伸びなくても相応のメリットは得られる。

イエローカラーが鮮やかな特別仕様車「ポップスター」

スバル XV POP STAR

先ごろのマイナーチェンジでは、新しい特別仕様車の「ポップスター」も設定した。サンルーフとサイド&カーテンエアバッグを装着し、内装にはカーボン調の装飾などを加えている。

外装では専用ボディカラーとなるサンライズイエローを用意した。XVの特徴を生かした特別仕様車だ。

「ポップスター」を見ても分かるように、XVはインプレッサスポーツのメリットを受け継ぎながら、巧みなアレンジによってSUVが持つ楽しさも上手に表現している。

今回のマイナーチェンジでは、買い得感がさらに強まったので、これからも高い人気を保ち続けるだろう。

スバル XV POP STARスバル XV POP STARスバル XV POP STARスバル XV POP STARスバル XV POP STAR

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル XV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20