autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スバル 新型クロスオーバー「XV」(新型インプレッサXV) 新型車解説(2012年9月フルモデルチェンジ)

新型車解説 2012/9/25 11:03

スバル 新型クロスオーバー「XV」(新型インプレッサXV) 新型車解説(2012年9月フルモデルチェンジ)(1/2)

スバル 新型クロスオーバー「XV」(新型インプレッサXV) 新型車解説(2012年9月フルモデルチェンジ)

スタイリッシュかつ本格派なクロスオーバーに生まれ変わった「スバル 新型インプレッサXV」

スバル 新型インプレッサXV [2.0i-L/AWD/CVT](スバル XV) フロントエクステリア
先代 インプレッサXVインプレッサスポーツワゴン グラベルEX(1995年)

この数年間、SUVと5ドアハッチバックの中間的な「クロスオーバーモデル」が、欧州車を中心にかなり増えた。

ドイツ車なら「BMW X1」「アウディ Q3」、フランス車も「シトロエン DS4」を用意する。いずれも悪路をダイナミックに走破するクルマではなく、シトロエン DS4に至っては前輪駆動のみで4WDも用意されない。基本的には実用的な5ドアハッチバックだが、一種のファッションとしてSUVのスタイルが取り込まれている。

まさに線引きが曖昧な、これらの「クロスオーバーモデル」たち。その解釈もメーカーによって異なり、BMW X1は着座位置が低めに設定されている。それにより、運転している時はSUVであることをほとんど意識させない。

日本車では「スバル」がこの分野の先駆けで、1995年の2代目「レガシィ」にグランドワゴンを設定した。これは今日のアウトバックだが、スバルは技術指向の真面目なメーカーとあって、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)に余裕を持たせるなど、最初から機能面で明確なメリットを打ち出していた。もちろん駆動方式は4WD(スバルはAWDと呼ぶ)になる。

インプレッサも先代型でXVを設定したものの、この仕様はアウトバックとは指向性が少し違っていた。オーバーフェンダーやルーフレールを備えるものの、最低地上高はインプレッサの標準ボディと同じ数値。4WDのほかに前輪駆動の2WDも設定され、スバルとしては珍しくファッション指向に振っていた。

かつて、初代インプレッサは「グラベルEX」の名称で、フロントガードバー/ルーフレール/背面スペアタイヤキャリアを装着する派生モデルを設けたことがある。ボディの前端と後端に重量物を取り付けたから走行安定性では不利が伴うが、設定された1995年は「SUVブーム」の末期。流行に乗り遅れまいと投入されたのだ。

先代インプレッサXVは、「グラベルEX」を思い出させるクルマだった。しかし、2012年9月、現行インプレッサに新設定されたXVを見ると、その内容は大きく異なる。

「新型インプレッサXV」はファッション指向を脱し、優れた実用性を身に付けたのだ。

スバル 新型インプレッサXV [2.0i-L/AWD/CVT](スバル XV) フロントフェイスアップスバル 新型インプレッサXV [2.0i-L/AWD/CVT](スバル XV) リアエクステリアスバル 新型インプレッサXV [2.0i-L/AWD/CVT](スバル XV) フロントビュースバル 新型インプレッサXV [2.0i-L/AWD/CVT](スバル XV) リアビュースバル 新型インプレッサXV [2.0i-L/AWD/CVT](スバル XV) サイドビュー

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル XV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29