autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン 試乗レポート/マリオ二等兵 3ページ目

試乗レポート 2010/8/18 13:53

スバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン 試乗レポート/マリオ二等兵(3/3)

関連: スバル インプレッサSTI Text: マリオ 高野 Photo: 原田淳/オートックワン編集部
スバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン 試乗レポート/マリオ二等兵

スバリストからも絶賛された今回のマイナーチェンジ

インプレッサ WRX STI 4ドアセダン

そして、セダンボディ版の追加と同時に実施されたマイナーチェンジの内容は、すべてのスバリストから絶賛されるものであったことを忘れてはいけません。

セダンもハッチバックも、MT仕様車はサスペンションがさらに煮詰められ、従来モデルよりも一層動きがシャープになりました(AT仕様のAラインの足は従来モデルとほぼ同じ)。

フロントロアアームの支持点をピロボール化し、リアメンバーのブッシュ類を固めとしたことで、シャシー全体のソリッド感が大幅にアップしております。

これにより、ドライバーの手足の神経がクルマのタイヤの接地面に直結しているかのようなダイレクト感が得られるようになりました。STIの限定スペシャルモデルの「S/Rシリーズ」の乗り味に近づいたともいえるでしょう。

シャシーが引き締まったことで、乗り心地の悪化が懸念されるところですが、スポーツ度を増したクルマにありがちなガタピシ感はほぼ皆無。

インプレッサ WRX STI 4ドアセダン

ステアリングフィールのソリッド感の向上に比例して、荒れた路面を通過する時のキックバックが強めとなっている以外に、コンフォート性の悪化は見られませんでした(絶対的には固めの乗り心地でありますが)。

セダンもハッチバックも、MT仕様は「WRCのワークスマシン疑似体験度」がさらに高まっておりますので、昔の栄光を懐かしむ守旧派スバリストも、ラリー競技中におけるボディまわりの慣性モーメントを気にする硬派なスバリストも、シャシーのセッティングに関しては全会一致で賛成できるものとなっております。

あくまでWRCの流れを重視する人にはハッチバック6MT、黄金時代の栄光を彷彿させたい人はセダン6MT、WRCワークスカーの雰囲気を気軽に楽しみたい人はハッチバックAライン、静粛性を含めたコンフォート性を重視したい人にはセダンAラインが最適です。

このように、インプレッサのSTIシリーズはその18年の歴史において、初めてドライバーの気質や用途に合わせた選択が可能となったのでありました。

マリオの本音としては、ローンさえ通ればどれでもいいのですが・・・。

インプレッサ WRX STI 4ドアセダンインプレッサ WRX STI 4ドアセダンインプレッサ WRX STI 4ドアセダンインプレッサ WRX STI 4ドアセダンインプレッサ WRX STI 4ドアセダン

スバル インプレッサSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24