autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン 試乗レポート/マリオ二等兵 2ページ目

試乗レポート 2010/8/18 13:53

スバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン 試乗レポート/マリオ二等兵(2/3)

関連: スバル インプレッサSTI Text: マリオ 高野 Photo: 原田淳/オートックワン編集部
スバル インプレッサ WRX STI 4ドアセダン 試乗レポート/マリオ二等兵

STIセダンに乗ることで得られる「感動」は決して小さくない

歴代インプレッサ WRX STIとマリオ二等兵

そんなセダン否定派vs歓迎派の戦いは、おそらく未来永劫にわたって決着がつかないまま、今後も展開されると思われますが、マリオ個人にとっては「やっぱりセダンのほうがイイ!」派に一票を投じたいところです。

まったくの新開発を行ってまで投入したモデルではなく、もともと北米ではセダンのWRX STIは人気モデルとして販売されていたのですから、販売戦略としては合理的である面は見逃せません。

STI4ドアセダンとSTI5ドアハッチバックインプレッサ WRX STI 4ドアセダン

5ドアハッチバックと4ドアセダン、一般道にて両方のWRX STIを乗り比べ、ボディの差による挙動の違いを明確に指摘できるのは、正直プロのラリードライバー(もしくはレーシングドライバー)ぐらいであるといえますが、オーナーが毎日乗るたびに得られる「感動」は決して小さくないでしょう。

そもそも、真摯なスバリストとは「今のコーナーで感じた安定感は、水平対向エンジン&シンメトカルAWDならではの高バランスがもたらしたものだ!」と、常にスバル車ならではの美点や物理的なメリットを頭の中でイメージさせながら走り、精神的な喜びに浸る人が多いのです。

セダンWRX STIで高速巡航を続ければ、「あぁ、これがセダンボディ化によるリアのダウンフォース向上の恩恵だ!」という感動をひしひしと噛みしめることができますし、コーナリング中に得られる鉄壁の安定感を実感するたびに、「セダン化でリアが10kg重くなったことが、安定性の向上に貢献している!だから、もっとアクティブに攻めても大丈夫だ!うおおおぉ!」などと、峠道でのアタック中によりホットな気分で盛り上がることは間違いないでしょう。

また、荷室と乗員の居住空間が別個に別れているセダンボディでは、ハッチバックよりも室内のこもり音がでにくいため、走行中のノイズは明らかにセダンのほうが少なく、よりコンフォートな空間に思える効果は、誰もが一般道で実感できるポイントです。

スバル インプレッサSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28