autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】スバル 新型WRX STI・S4 試乗レポート/五味康隆 2ページ目

試乗レポート 2014/8/25 10:34

【試乗】スバル 新型WRX STI・S4 試乗レポート/五味康隆(2/2)

【試乗】スバル 新型WRX STI・S4 試乗レポート/五味康隆

『S4』vs『STI』運動性能においては、どの要素を見てもSTIが勝る

スバル 新型WRX STI/FSW本コース走行イメージ4

ちなみに『STI タイプS』でサーキットを走ると、素のSTIより足回りがしなやか過ぎて「クルマが動き過ぎる」と感じる方がいるはず。しかし、こう考えた方が良い。

「その分だけしなやかに路面を捕まえて4つのタイヤの総合グリップを確保するので、タイヤが滑っても不思議なほど滑りが瞬時に止まる。さらに、4輪駆動の効果を存分に発揮してクルマが安定して前に力強く進む」のだと。

別の表現をすると、ドライバーが運転操作をスムーズに行って、そのしなやかな足回りを乗りこなすことができたとき、WRX STIの性能の“境地”が体感できる。新型WRXはそんな世界にまで攻め込んでいるクルマであり、それこそがピュアスピポーツモデルということだ。

スバル 新型WRX STI STI(STIパーツ装着車)/6速シフトスバル 新型WRX STI STI(STIパーツ装着車)/メーター

また、『S4』と『STI』の違いを掘り下げていくと、S4の電子制御式センターデフに対して、STIは瞬間的な前後のトルク変動に反応することを求めて電子制御式+機械式を採用。これにより、抵抗が増えて燃費性能が若干犠牲になるが、旋回からアクセルを踏んだ瞬間にクルマが前に進む鋭さに磨きが掛かった。

トランスミッションにおいても、専用のチェーン式CVTでダイレクトかつ途切れない加速を両立しているS4に対して、STIはMTに加えてツインスクロールターボを使い、足の指の動きにすら駆動力が変化するようなダイレクト感を手にしている。

他にも、S4は電動パワステだがSTIは駐車場での切り返しで思わず筋トレを思いだしそうな重さに味付けされた油圧パワステを採用して、サーキットドライブでより緻密なステアリング操作を可能にしている。

加えて、S4よりも1,500回転ほどレブリミットが高く設定され、十分すぎるパワーと高揚感、そして速さをSTIは誇っている。どの要素を見ても、直接運動性能比較をするとSTIが優れているのだ。

個人的に『S4』がお勧めな理由

スバル 新型WRX S4/自動車評論家の五味康隆氏

だが、恐れずに言えば、個人的にはS4がお勧めである。

もちろん、サーキットでの絶対的な速さはSTIで間違いないのだが、普段WRXを使用する環境を想定すると、ガンガンにアクセルを踏むケースは少ないだろうし、クルージングが多いはず。そう考えると、S4のスムーズな加速やハンドルの軽さ、穏やかな乗り味、さらにはハンドルから手を離さずマニュアル操作までできてしまうパドルシフト要素など、多くの魅力をS4は持ち合わせている。

忘れて欲しくないが、STIに比べれば穏やかなキャラクターだが、S4も『WRX』だ。かなりワンパクであることに変わりはない。それでいて、スポーツだけではなく常用に適した様々な性能を備えている。

S4は従来のSTI乗りからすれば軟派と言われそうなモデルだが、だからこそ新世代スポーツの提案モデルとスバル自身もは言っているのだし、乗り手側も時代と共に価値観を変化させても良いと思うのだ。

スバル 新型WRX S4/フロントエクステリアスバル 新型WRX S4/リアエクステリアスバル 新型WRX S4/フロントビュースバル 新型WRX S4/リアビュースバル 新型WRX S4/サイドビュー
スバル 新型WRX S4/フロントマスクスバル 新型WRX S4/ヘッドライトスバル 新型WRX S4/フォグランプスバル 新型WRX S4/フロントフェンダースバル 新型WRX S4/4本出しマフラー

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル WRX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20