autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル STIコンプリートカー「WRX STI tS TYPE RA」[300台限定] 試乗レポート/マリオ高野 2ページ目

試乗レポート 2013/7/22 09:44

スバル STIコンプリートカー「WRX STI tS TYPE RA」[300台限定] 試乗レポート/マリオ高野(2/4)

関連: スバル インプレッサSTI , スバル インプレッサハッチバックSTI , スバル インプレッサスポーツ Text: マリオ 高野 Photo: オートックワン編集部・スバルテクニカインターナショナル[STI]
スバル STIコンプリートカー「WRX STI tS TYPE RA」[300台限定] 試乗レポート/マリオ高野

超絶旋回マシンはファミリーカーにも最適!?

スバル STIコンプリートカー「WRX STI tS TYPE RA」試乗レポート11

さらに壮絶な異次元フィールが味わえるのは、高速道路のジャンクションなどループ状の道での旋回時です。

あまりにも鋭くインを向き過ぎて「巻き込むんじゃないか!?」と思いかけた瞬間、ここでもリアが地面に杭を突き刺してるかのように踏ん張るのでオーバーステアになる気配は微塵もなく、信じられない速度での旋回が持続。やはり外側のタイヤばかりが頑張っているのではなく、内側のタイヤが遠心力に逆らってくれているような感覚で、旋回速度が速いのに横Gがそれほど大きくないという、未曾有の旋回フィールが味わえました。外の景色は異様な速度で流れているけど、車内は平穏そのものなので、ドライバーが絶大な安心感に浸れると同時に、同乗者を怖がらせることもないでしょう。超絶な旋回マシンながら、ファミリーカー向けともいえます。

普通に走ってても超・キモチいい

スバル STIコンプリートカー「WRX STI tS TYPE RA」試乗レポート[高速道路編]9

このような、ありえないほど鋭敏な操舵レスポンスを示しながら鉄壁の安定性を誇り、どんな状況下でも4輪の接地感を損なわない特性は、一般道を普通に走る状況においても気持ち良さの源泉になります。

手足の神経が4輪に繋がっているような路面インフォメーションの濃さは今までのSTIコンプリートでも得られてきた甘美なる美点ですが、鋭敏なステア特性は交差点を徐行しながら曲がる際においても気持ち良さを伴ってくれるので、従来のSTIコンプリートカーの中でもさらに一般道での日常ドライブが楽しいクルマに仕上がりました。少ない舵角でクルマが曲がってくれるというのは、日常域で大変安楽です。ロック・トゥ・ロックは約2.1回転で、ほとんどの場面でステアリングを握る手を持ち替えることがないのも嬉しいポイント。手応えにこだわったことが伝わる本革巻きステアリングをいつまでも握っていられるので、甘美な感触が手から離れる瞬間を惜しまずに済みます。

[次ページへ続く]

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25