autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI RAコンセプト -インプレッサにスパルタンな「RA」が復活!-

試乗レポート 2013/2/18 16:01

スバル インプレッサ WRX STI RAコンセプト -インプレッサにスパルタンな「RA」が復活!-(1/2)

スバル インプレッサ WRX STI RAコンセプト -インプレッサにスパルタンな「RA」が復活!-

大阪オートメッセ2013のスバルブースに展示されていた1台が・・何とインプレッサ WRX STI「RA」だった!

スバル インプレッサ WRX STI RAコンセプトスバル インプレッサ WRX STI RAコンセプト

今年も東京オートサロンと同じく大盛況を呈し、日本人のカスタムカー離れ説を覆した大阪オートメッセ。

例年同様、スバル&STIブースにはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦したWRX STIのレース車両が展示されましたが、その横に置かれた「RAコンセプト」を観て、「うおおお!RAかよ!」と衝撃を受けたスバリストは多かったことでしょう。

「RA」とは初代~2代目インプレッサまで設定されたモータースポーツ競技に参戦することを前提としたグレードの名前で、ラリーやダートラ、ジムカーナなどの競技における戦闘力に重点を置いたコンペディションモデルを意味します。

快適性や実用性を犠牲にして軽量化や運動性能の向上がはかられ、市販車としてはもっともスパルタンな仕様として販売されました。

現行型では「スペックC」がそれに近い存在ですが、かつての「RA」に比べれば標準車の仕様に近く、日常的なドライブでも普通に乗れるクルマとなっています。それは決してマイルドになって牙が抜けたというワケでなく、「競技車でもしなやかさが大事」との新しい考え方に基づいたセッティングによるものです。

「RA」という名は先代はモデルの末期に投入された「RA-R」を最後に、現行型のグレード名としては使われなくなりました。

先代モデル最後の「RA-R」はカミソリのように鋭敏な操縦性に仕立てられたことで話題となり、レーシングドライバー系の腕利きの自動車評論家の皆さんたちを悶絶させたものですが、現行型は初代/2代目と比べると「よりオトナっぽい」方向性へ進んだこともあり、野蛮な(笑)「RA」は消滅していたのです。

「RA」がついに復活!?

インプレッサ WRX STI TYPE RA(2004年モデル・300台限定)大阪オートメッセ2013にて

果たしてこの「RAコンセプト」は、スバリストの多くが「RA」の名に期待する通りの尖ったクルマなのでしょうか!?

スバル在籍時代に現行型WRX STIの開発主査を務めた森宏志氏(現STI商品企画部主管)によると、その答えは

「Yes!」

「かつてのRAのイメージを裏切らない、エッジの効いた刺激的な操縦性が与えられています。といっても、昔のようにただスパルタンなだけではありません。鋭敏でありながら安心感が高く、強靭でしなやかな乗り味を追求しています」

やはり「RAコンセプト」は、我々の知るあの「RA」の再来なのであります!

インプレッサ WRX STI spec C TYPE RA-R(2006年) フロントイメージインプレッサ WRX STI spec C TYPE RA-R(2006年) リアイメージインプレッサ WRX STI TYPE RA(2004年モデル・300台限定)インプレッサ WRX STI TYPE RA(2004年モデル・300台限定)インプレッサ WRX STI TYPE RA(2004年モデル・300台限定)

スバル インプレッサSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27