autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX STI spec C(スペックC)4ドア 試乗レポート/マリオ高野 -WRX STIシリーズのベスト・バイ!-

試乗レポート 2012/7/26 16:57

スバル インプレッサ WRX STI spec C(スペックC)4ドア 試乗レポート/マリオ高野 -WRX STIシリーズのベスト・バイ!-(1/2)

スバル インプレッサ WRX STI spec C(スペックC)4ドア 試乗レポート/マリオ高野 -WRX STIシリーズのベスト・バイ!-

待ちに待った4ドアの「WRX STI spec C」がようやく登場!

スバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] フロントイメージスバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] リアイメージ

ラリーやダートトライアル、レースなどのモータースポーツ競技向けの特殊なグレード(特殊な人向け)であるというイメージが強い「スバル インプレッサ WRX STI spec C(スペック・シー)」。

もちろん極めて希有なガチの競技車両(このご時世、そんなグレードが設定されてること自体がもはや奇跡!)であることには違いありませんが、現代のインプレッサ WRX STI spec Cは街乗りでも気持ち良く走れるスポーツカーとしても認識すべきクルマであり、モータースポーツ競技とは無縁の人にも強くオススメできます。

そんなspec Cは、2010年12月には5ドアモデルのみが設定されていましたが、2012年7月3日にいよいよ4ドアモデルの「インプレッサ WRX STI spec C」がラインナップされました。

STIは総勢70名程度の自動車メーカーとしては小さな会社なので、ガチのレースカー(ラリーカー)も市販車も、開発に携わるのは基本的に同じ人たちであるという、他の自動車メーカーではありえない状況が、すべての車両に一貫性を与えることに繋がっています。

特に近年のSTIは国際規格のモータースポーツに参戦するマシンでも、一発勝負のタイムを削ることより「扱いやすさ」や「疲れにくさ」などのドライバーにとってフレンドリーとなる特性を重視しており、その傾向は市販車にも色濃く現れているのです。

スバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] フロントビュースバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] リアビュースバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] サイドイメージスバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] STIエンブレム付メッシュタイプフロントグリルスバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] 大型リアスポイラー

GDBの頃のWRX STI spec Cとは違う!適度に引き締まっていて、実に快適な乗り心地

スバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] 走行イメージ7

昔のWRX STI spec C(2代目GDB型まで)は足が岩のように堅く、ごく一部のマニア以外は街乗りが無理という極端なクルマでしたが、今のspec Cは一般ユーザーにとっても非現実的グレードではなくなりました。

たしかにスプリングレートやダンパーの減衰力は相当高められており、タイヤが転がった瞬間から「戦うクルマ」感がプンプン漂ってくるので、第一印象としては「やり過ぎ」と思うかも知れません。

WRX STI spec Cの乗り心地は、乗用車として許される最高値まで引き締められている点においては、今も昔も同じです。

しかし、それでも段差を乗り越えた時に尾てい骨が割れそうな振動が伝わることはないし、食後に乗っても胃袋の中身が逆流するようなことはありません

スバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] インテリア・インパネ

遮音材を小型化したり、フロントガラスを薄手のものにしたりして軽量化を図っているので、ノーマルと乗り比べると明らかにウルサイのでしょうが、絶対的には全然ノイジーではありません。高速域に入っても同乗者とは普通に小声で会話できますし、オーディオの邪魔もしません。

「めっちゃ硬くてちょっとウルサイけど、全然不快じゃない!」と、乗れば乗るほど印象は好転し、最終的には「むしろspec Cの味が最適だ!」となりました。

スバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] レカロ製バケットタイプフロントシート
スバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様] レカロシートのRECAROロゴスバル インプレッサ WRX STI SpecC(スペックC)4ドアモデル[18インチタイヤ仕様]

オプションのレカロシートが足の硬さを感じさせない効能を発揮している面もありますが、標準のシートでも総合的な印象は変わらないでしょう。

WRX STI spec Cはスプリングやダンパーに加え、リアのスタビライザーやサブフレームブッシュも強化品に換わっているので、数値的にはロール剛性も相当高められております。

しかし、実際にはしっとりとしたロールをほどよく許し、コーナー進入時の姿勢作りが猛烈にやりやすくて悶えました。

固められているはずなのに、しなやかさを増している!

このあたりの味付けは、「S」や「tS」などのコンプリートモデルで特に顕著に見られるSTIマジックです。

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサSTI の関連記事

スバル インプレッサSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22