autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート モデル末期でもニューモデルを設定する、スバルらしい理由 /スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/7/15 13:09

モデル末期でもニューモデルを設定する、スバルらしい理由 /スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド 試乗レポート(3/5)

モデル末期でもニューモデルを設定する、スバルらしい理由 /スバル インプレッサスポーツ ハイブリッド 試乗レポート

良くも悪くもノーマルエンジンに近い走行感覚

スバル インプレッサ SPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight[AWD] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサ SPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight[AWD] 試乗レポート/渡辺陽一郎

ならば実際に運転するとどうなのか。「インプレッサスポーツ ハイブリッド 2.0i-Sアイサイト」を試乗した。

ハイブリッドの動力性能は、感覚的にはノーマルエンジンに近い。今日のハイブリッド(特にトヨタのTHS-II)は、モーター駆動のみで発進し、時速25~40km付近でエンジンが始動する印象だが、インプレッサスポーツハイブリッドでは最初から普通にエンジンが始動して発進した。電気自動車風のハイブリッド感覚は希薄だ。

それでもハイブリッドの良さを絶妙に味わえる場面がある。例えば2300回転前後で巡航中に、アクセルペダルを緩く踏み増した時だ。

2リッターの水平対向エンジンは、最大トルクが20kg-m(4200回転)で、この数値はノーマルエンジンも同じ。性能的には十分だが、若干高回転指向に感じる。しかもリニアトロニックと呼ばれるスバルのCVT(無段変速AT)は、自然な運転感覚をねらってギヤ比の変化が控え目だ。アクセルペダルを踏み増すと、エンジン回転が先行して高まり、その後を追うように車速が上昇するCVTの動きを抑えた。

適度なモーターアシストで心地良い加速感

スバル インプレッサ SPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight[AWD] 試乗レポート/渡辺陽一郎スバル インプレッサ SPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight[AWD] 試乗レポート/渡辺陽一郎

となればアクセルペダルを踏み増した直後は、エンジン回転が高まりにくく、高回転指向の性格と相まって反応が鈍く感じることがある。

この時に効果を発揮するのがモーター駆動だ。モーターの最高出力は13.6馬力、最大トルクも6.6kg-mと小さいが、2300回転前後では、2リッターエンジンが発揮する性能も45馬力/15kg-mくらいだろう。アクセル操作に応じて反応の素早いモーターの駆動力が即座に立ち上がると、エンジンとCVTの作動を補って滑らかに加速できる。

逆にフル加速する時はモーター駆動の恩恵がほとんど感じられず、燃費の節約効果も乏しいが、穏やかに走る時はメリットが大きい。走りの気持ち良さというよりも、一種のリラックス感覚だ。

[ハンドリングや乗り心地は・・・次ページへ続く]

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19