autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/4/3 17:20

スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/5)

スバル インプレッサ シリーズ[2015年マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

マイナーチェンジ後の変化が最も明確だった「インプレッサ XV」

スバル インプレッサ XV 2.0i-L アイサイト[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗して従来型との違いが最も明確だったのは「インプレッサ XV」。グレードは「2.0i-Lアイサイト」であった。装着されていたタイヤは17インチ(225/55R17)の「ヨコハマ ブルーアースE70」だ。指定空気圧は前輪が240kPa、後輪が230kPaだった。

従来型では乗り心地が硬かったが、新型は以前に比べて路面の細かなデコボコを柔軟に吸収する。それでもインプレッサスポーツに比べると少し芯のある硬さを残すが、違和感を抱く心配はないだろう。

背の高さを感じさせない機敏な操舵感に加え、乗り心地も改善された

スバル インプレッサ XV 2.0i-L アイサイト[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

新型インプレッサ XVの操舵感は、以前と同様にSUVスタイルの車種では機敏な部類に入る。パイロンを使ってジグサグに走るスラローム走行でも、旋回軌跡を拡大させにくい。その一方で、アクセルを閉じても後輪の接地性が削がれにくく、安心して運転できた。

最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は200mmだから、インプレッサスポーツよりも高重心だが、挙動の変化が穏やかに進んで不安を感じさせる状態には陥りにくい。マイナーチェンジでは、走行安定性と車両の向きが変わる回頭性を犠牲にせず、乗り心地の硬さを改善した。

[「Active Style」という名の特別仕様車・・・次ページへ続く]

SUBARU IMPREZA XV 2.0i-L EyeSight[AWD] 主要諸元

スバル インプレッサ XV 2.0i-L アイサイト[2015年マイナーチェンジ] 試乗レポート/渡辺陽一郎

全長x全幅x全高:4450x1780x1550mm/ホイールベース:2640mm/車両重量:1400kg/乗車定員:5名/駆動方式:四輪駆動(アクティブトルクスプリットAWD・電子制御AWD)/エンジン種類:FB20型 水平対向4気筒 DOHC 16V デュアルAVCS ガソリンエンジン/総排気量:1995cc/最高出力:150ps(110kW)/6200rpm/最大トルク:20.0kgf・m(196N・m)/4200rpm/トランスミッション:マニュアルモード付 リニアトロニック(CVT)/燃料消費率:16.2km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:225/55R17/メーカー希望小売価格:2,559,600円[消費税込]

[次ページへ続く]

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23