autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル インプレッサ マイナーチェンジ」マニアックすぎる新型車解説/マリオ高野

新型車解説 2015/3/7 09:08

“スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル インプレッサ マイナーチェンジ」マニアックすぎる新型車解説/マリオ高野(1/5)

“スバリスト(スバルヲタ)”視点から見る「スバル インプレッサ マイナーチェンジ」マニアックすぎる新型車解説/マリオ高野

インプレッサスポーツ/G4/XVがマイナーチェンジ 〝マニアックすぎる解説〟をお届けします!

スバル インプレッサG4

スバルのインプレッサスポーツ/G4/XVシリーズが、2014年11月25日にマイナーチェンジを受け、「乗り味が大激変!」と評せるほど内容の濃い変更が施されました。

しかし、その割には注目度が低いようであり、残念ながら雑誌やWeb上で新型インプレッサシリーズの変更点をガッツリ取り上げる詳解記事をほとんど見かけません。

スバルは、一見地味に見える年次改良でも、よく見ると大幅な仕様変更を実施することが多いものですが、今度のインプレッサシリーズは特に目覚ましい進化を遂げました。その内容は〝知らなきゃ損するレベル〟なので、ここで詳細をお伝えしましょう。

「うおおおおマジか!?」と叫びそうになるほど気持ち良く曲がる

スバル インプレッサG4

2011年の11月にデビューしたインプレッサスポーツ/G4はすでに4年目となり、アプライドは「D型」へ。3年目となるXVは「C型」に移行しております。

まず第一に挙げたい衝撃的な激変ポイントは「ハンドリング」です。もともと実用車としては不満の少ない素直な操縦性を備えることで定評がありましたが、新型では「気持ちよく曲がる感」が大幅にアップ!

旧型を知る人なら、乗ってから最初の交差点かコーナーで「うおおおおマジか!?」と叫びそうになるほど別物感がすごいです。2リッター車はステアリングのギア比が16:1から14.5:1へクイック化されたという、実用車らしからぬ変更が施されているのですが、これがドンピシャ。

ドライバーの曲がりたいという意思に対して応答遅れすることなく忠実に反応し、痛快な旋回フィールが得られるにいたりました。誤解を恐れずにいえば「WRXに近づいた」といえます。

といっても、単にステア特性が鋭敏になったからオモシロイ、というわけではありません。ステアリングのギア比がクイック化されただけでなく、リアのクロスメンバーの剛性を引き上げ、ダンパー、スプリング、ブッシュのすべてを見直しシャシーの安定感が高まっているので、ただキビキビ感が増したというより、素直さとダイレクト感が増したという印象なのです。

WRXっぽくなったというのは、単にスポーツ性が高まったというより、〝自分の思い通りに走る良いクルマ感が増した〟からといえます。

スバル インプレッサG4スバル インプレッサスポーツスバル インプレッサスポーツスバル インプレッサG4スバル インプレッサG4

安易にスポーティ路線の強化を狙ったわけではない

スバル インプレッサG4スバル インプレッサスポーツ

ステアリングのギア比をクイックにしてシャシーを強化したというと、最初からスポーティ路線の強化を狙ったかのように考えてしまいますが、エンジニアの話によるとそうではありません。

インプレッサスポーツ/G4はスバルのラインナップの中ではエントリーモデルに位置づけられ、もっとも幅広い層のユーザーを想定しているので、操縦性については、あくまでも日常域での素直さや扱いやすさを重視。

運転中にストレスや不安を感じさせないことが何よりも重要であることから、どんな路面状況や速度域でも怖くない素直な追従性をとことん追求した結果、スポーティともいえる味付けが濃くなったのでありました。

4年目のマイナーチェンジで目新しさを出すため、わかりやすくスポーツ性に振ってみました的な、そんなよくありがちな安直企画では決してないのです。

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

スバル XV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26