autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX Sti スペックC 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/8/26 13:00

スバル インプレッサ WRX Sti スペックC 試乗レポート(3/3)

スバル インプレッサ WRX Sti スペックC 試乗レポート

スペックCは、世界最強の「ホットハッチ」

インプレッサ STI specC 走行画像
インプレッサ STI specC 走行画像インプレッサ STI specC テールランプ&リアエンブレム

コーナー立ち上がりでは、機械式LSDによる強力なトラクションが得られる。機械式らしい瞬時のレスポンスもゴキゲンだ。これまでベース車では、DCCDをAUTOの「-」(後輪より)にして回頭性重視にしたほうが好みだったのだが、スペックCでは「+」(前輪より)にしたほうがちょうどよく感じられた。

これは、走り方や好みにもよるところだが、そのくらい回頭性が上がって、リアのトラクションも増しているということなのだろう。

これで、価格はなんとベース車と同じ。しかし、おそらくベース車とのリセールバリューの差は小さくないはず。そして、18インチ仕様車は限定900台というからには、気になる人は、できるだけ早くアクションを起こしたほうがいいのではないかと思う。ベース車かスペックCかで迷ってる場合じゃない!?

インプレッサ STI specCと岡本幸一郎氏

最初はとやかくいわれたインプレッサのハッチバック化だが、今ではすっかり馴染んで、落ち着いたように思う。そして考えてみると、2BOXのハッチバック車で、これほど高性能なクルマなど、世界中を見渡しても存在しない。

その意味では、スペックCは世界最強の「ホットハッチ」である。かつてはホットハッチというと、「速そうに見えない小さなクルマだが、実は速い!」というクルマを指して使われたが、やがてホットハッチ自体がカテゴリーとなり、メーカー各社はハッチバック車の上級グレードに、程度の差こそあれ、ほぼホットハッチ的なモデルをラインナップするようになった。

ハッチバックになったインプレッサの上級モデルであるWRXSTIの、そのまた特別なモデルであるスペックCは、まさにホットハッチの頂点を極めたモデルといえるだろう。

インプレッサ STI specC ステアリングインプレッサ STI specC 3連メーターインプレッサ STI specC 6速マニュアルシフトインプレッサ STI specC センターコンソールインプレッサ STI specC STIロゴ入りレカロシート

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連記事

スバル インプレッサハッチバックSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26