autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル インプレッサ WRX Sti スペックC 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/8/26 13:00

スバル インプレッサ WRX Sti スペックC 試乗レポート(2/3)

スバル インプレッサ WRX Sti スペックC 試乗レポート

今度のスペックCは、「刺激的」なバランスが絶妙

インプレッサ STI specC 走行画像

フットワーク面では、スプリングレートとダンパーの減衰力がともに高められ、リアスタビライザーやリアサブフレームブッシュなども仕様変更されている。また、ボディも要所が補強されている。

スペックCというからには、もっとスパルタンな乗り味を予想していたのだが違った。乗り心地の悪化は覚悟していたのだが、強化されていながらも、サスペンションのストロークの動き始めの部分がよく動いているので、突き上げ感は小さい。

これなら十分に日常的使用に耐えられるレベルだ。かつてのGDB型のスペックCというと、高いパフォーマンスを持つ反面、乗り心地が固く、轍に取られやすく、シフトチェンジで左手をハンドルから離しただけでも直進が乱れるくらいシビアな味付けだった。

スペックCを運転する岡本幸一郎氏

ところが今度のスペックCは、まったくリラックスして乗れる。普通にまっすぐ走れるし、路面追従性も高く、ライントレース性も優れている。ロールも抑えられているし、大きく挙動が乱れそうになるとしっかり抑えてフラットな姿勢を保つ。

ただ攻めて速いだけでなく、普通に走れることも重要に違いない。

思えばベース車が、「WRX STI」を名乗るわりには大人しくなりすぎたという声も少なくなかったわけだが、このスペックCが標準のWRX STIでもいいのではと思えたほど、「普通」と「刺激的」のバランスがちょうどいい。今度のスペックCは実に万能なクルマだと思う。これでも「固い」という人は乗る資格ナシ!?

軽量化については、ボンネットのアルミ化、バッテリーの小型化、軽量ホイールの採用、ガラスウインドウの大部分を軽量ガラスに変更したことなどより、約50kgのダイエットを実現している。おかげでドアの開閉からして軽く感じられるほどで、ちょっと攻めてみるとベース車と印象がけっこう違う。

軽量化した50kgという数値そのものよりも、どこを軽量化したかがポイントで、ハンドリングに効果的な部分を上手く軽量化したように感じられた。ヨー慣性モーメントが小さくなっているので、ステアリング操作に対してより俊敏に反応し、一体感が増している。

インプレッサ STI specC 軽量ボンネットインプレッサ STI specC 軽量ボンネットインプレッサ STI specC インプレッサ STI specC タイヤ&ホイールインプレッサ STI specC ブレンボキャリパーインプレッサ STI specC リアスポイラー

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連記事

スバル インプレッサハッチバックSTIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサハッチバックSTI の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26