autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 新世代プラットフォーム「SGP」を採用した次期インプレッサの中身は「正常進化の模範例」!?[スバリストによるマニアック解説] 2ページ目

新型車解説 2016/4/21 17:42

新世代プラットフォーム「SGP」を採用した次期インプレッサの中身は「正常進化の模範例」!?[スバリストによるマニアック解説](2/4)

関連: スバル インプレッサG4 , スバル インプレッサスポーツ Text: マリオ 高野 Photo: 小林岳夫/富士重工業株式会社
新世代プラットフォーム「SGP」を採用した次期インプレッサの中身は「正常進化の模範例」!?[スバリストによるマニアック解説]

コンセプトカーのイメージそのままに、グラマーすぎた部分を健康的に引き締めたサイズ感

スバル 次期インプレッサ(ニューヨーク国際オートショー2016)

少し落ち着いたところで細部や室内をチェックしてみると、ほぼすべてがSGPの発表の席で説明された内容通りであることを確認。

そして、現行型のインプレッサG4で自分が気に入っている美点はほとんど損なわれることなく受け継がれ、欠けていたり足りないと感じていた部分はことごとく補われていることを実感しました。

スバル 次期インプレッサ(ニューヨーク国際オートショー2016)
スバル 次期インプレッサ(ニューヨーク国際オートショー2016)スバル 次期インプレッサ(ニューヨーク国際オートショー2016)

もっとも心配されたボディサイズの拡大については「予想以上に気にならないレベルの拡大」に止まっています。

5世代も前のモデルと比較するのもアレですが、初代モデルの全幅は1690mmだったことを思うと、新型の全幅1777mmという大きさは、5ナンバー至上主義の守旧派から「肥大化」とか「国内ユーザー軽視」などと批判されても仕方のない数字といえるでしょう。

しかし、現代の基準からすると全然普通のCセグメントのサイズ感といえるもので、少なくとも5代目レガシィのデビュー直後のようにスバリストから不満の声が噴出するようなことはないと思いました。東京モーターショーに展示されたコンセプトカーのイメージはそのままに、グラマーすぎた部分を健康的に引き締めたという感じです。

リアビューに、スバルのデザイン意識の変化を感じる

スバル 次期インプレッサ

細部を見ると、現行型ではミラー部分の視認性が高くて安全性はすこぶる高いながらもカタチが野暮ったかったドアミラーは、アームの形状と本体下部に微妙な抑揚が与えられて印象が激変。地味ながらクルマ全体の印象を洗練させる効果の高い処理だと感心です。

インプレッサというより車格が上のレガシィB4を思わせるリアビューでは、いかにも整流効果の高そうな新しいデザインのリアスポイラーが目に付きます。

スバル 次期インプレッサ
スバル 次期インプレッサスバル 次期インプレッサ

これは北米仕様の「SPORT」というグレード(さらに上級グレードもある)に装備されるもので、素のグレードではスポイラーレスになるのでしょうが、よく見るとトランクの先端部分がダッグテイル風に軽く跳ね上がっており、クーペのようなリアビューのセクシーさを増している部分にも惹かれました。

これまでのスバルのセダン作りの鉄則は「後方視界の確保はデザインよりも優先される」で、多くのスバリストもその考えを支持してきましたが、新型インプレッサではリアウインドウのハイマウントストップランプの設置場所と形状を工夫することで、後方視界とスタイリッシュなトランクを両立させることができたとのこと。こういうところにも、スバルのデザインへの取り組みの意識が変わったことを実感します。

スバル インプレッサG4 関連ページ

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサG4 の関連記事

スバル インプレッサG4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサG4 の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサG4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27