autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 【解説】スバル インプレッサ マイナーチェンジ(2014年11月)新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2014/11/25 11:03

【解説】スバル インプレッサ マイナーチェンジ(2014年11月)新型車解説/渡辺陽一郎(2/2)

【解説】スバル インプレッサ マイナーチェンジ(2014年11月)新型車解説/渡辺陽一郎

エンジン改善により2リッターの燃費が向上

エンジンは前述のように水平対向4気筒の1.6リッターと2リッターだが、各部の摩擦抵抗を抑えるなどの改善を施し2リッターの燃費性能を向上させた。従来型は2WDが17.2km/Lだったが、変更後は「17.6km/L」。4WDは従来型が15.8km/Lだったが、変更後は「16.2km/L」になっている。

2リッターモデルには「SIドライブ」を採用。動力性能の特性を「インテリジェント/スポーツ」の2段階に調節できる。

足まわりの変更も見逃せない。ショックアブソーバーの減衰力、コイルスプリングのバネ定数などを変えて、走行安定性と乗り心地のバランスを高めた。

ステアリングのギヤ比は、従来型の16:1から14.5:1に変更。足まわりの改善と相まって、車両の向きが少し機敏に変わるようにした。ウィンドウガラス周辺の造り込みを見直して、静粛性なども向上させている。

最も大きな改善点はアイサイトの「ver.3」への刷新

スバル インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight [ボディカラー:クリスタルブラック・シリカ]/アイサイト ver.3

衝突の回避を支援するアイサイトは、レヴォーグやWRXと同様のバージョン3に発展。センサーとして使うカメラの映像をカラー化することで、先行車のブレーキランプが点灯したことなども検知する。なので危険回避の性能がさらに高まった。

車線に沿って走れるように操舵を支援するアクティブレーンキープなども設定され、機能を熟成させている。

以上のようにマイナーチェンジの変更点は多岐にわたる。特に燃費性能、走行安定性、乗り心地のバランスを向上させ、アイサイトがver.3になったメリットは大きい。長距離ドライブ時の経済性、快適性、安全性が進化している。

グレード構成は、1.6リッターエンジン搭載車にスポーティな「1.6i-S」を加えたことが注目される。装備は2.0i-S並みだ。ただし、それならば1.6リッター車にもアイサイト ver.3を設定すべきだろう。現状ではアイサイト ver.3を搭載しているグレードは2リッター車の4WDに限られ、1.6リッター車や2WD車には装着できない。

アイサイト ver.3の搭載グレードを限定することで価格の高い2リッターの4WD車を購入させるという販売手法は、スバルの好感度を下げてしまうのではないだろうか。むしろ、「全車標準装備」の方がスバルらしい。「最高の安全をすべてのユーザーに公平に提供する」という考え方だ。

「どうしても付けたくない」という人がいるなら、レスオプションの非装着車も用意すれば良い。価格は基本的に変更前を踏襲した。アイサイトバージョン3装着車で最も価格の安い2.0iアイサイトは、スポーツ/G4ともに225万7200円。以前と同じ価格だから、アイサイトがバージョン3に進化したことなども考えると買い得感を強めた。

特別仕様車「インプレッサスポーツ2.0iアイサイトアクティブスタイル」

スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール]スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール]

そしてもうひとつ、特別仕様車として「インプレッサスポーツ2.0iアイサイトアクティブスタイル」も設定された。外観ではサンルーフ、ルーフレール、17インチアルミホイールなどを装着して、内装でも8ウェイパワーシートなどが備わる。

さらにディスチャージヘッドランプ、サイド&カーテンエアバッグなどによって安全性も高めた。2.0iアイサイトアクティブスタイルの価格は254万8,800円だ。

4WDの2.0iアイサイトに総額50万円相当の実用装備を加えながら、価格上昇は29万1,600円に抑えた。

なので少なくとも20万円は買い得になる。インプレッサスポーツの購入を希望するなら、2.0iアイサイトアクティブスタイルも検討したい。

外観がスポーティで価格は割安だから、XVとの選択に迷うこともあるだろう。スバルは他メーカーに比べると車種の数が少ないから、登場して時間を経過しても相応の台数を売る必要がある。

なので、マイナーチェンジや特別仕様車にも力を入れる。

見放されたり、放置されている車種はほとんどなく、スバルは商品を大切にするメーカーという印象だ。今回のインプレッサのマイナーチェンジにも、この特徴が明確に表現されている。

スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール]スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール]スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール]スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール]スバル インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style(特別仕様車)

スバル インプレッサG4 関連ページ

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサG4 の関連記事

スバル インプレッサG4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサG4 の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサG4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25