autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム スバル新型インプレッサの運動性能は海外有名スポーツカーにも匹敵!SGPの登場でスバルは変わる! 3ページ目

自動車評論家コラム 2016/4/25 20:28

スバル新型インプレッサの運動性能は海外有名スポーツカーにも匹敵!SGPの登場でスバルは変わる!(3/3)

関連: スバル インプレッサ Text: 清水 和夫 Photo: 小林岳夫/富士重工業
スバル新型インプレッサの運動性能は海外有名スポーツカーにも匹敵!SGPの登場でスバルは変わる!

新型インプレッサは並みのスポーツカーだったら勝てると思う!

スバル 次期インプレッサ

具体的にはどのような進化を遂げたのか。阿部PGMに聞くと、一口には言えないが、「要となるのは低重心と高剛性」だという。

高剛性とはボディだけを指すのではなく、サスペンションの剛性アップも寄与している。サスペンションはフロントもリアも剛性をアップし、ボディは曲げ剛性、ねじり剛性とも全体的に70%~100%アップできたという。

おかげで急な操舵でもボディがゆがまず、サスペンションをしっかり動かすことができ、コントロールしやすくなるのだ。

それはもちろん運動性能の高まりを意味する。スバルの主張するところでは海外の有名スポーツカーにも匹敵するという。

走行中、突然何かが飛び出してきた時、それを避けられるか。

阿部PGMによればファミリーセダン、ハッチバックでありながら「並みのスポーツカーだったら勝てると思う」というから、相当自信があるのだろう。

そして高剛性は危険回避もさることながら、操舵応答性、結果的には乗り心地や振動・騒音にも利いてくる。

さきほどSGPがスバル全体の質感を高めると書いたが、これは動的質感の高まりとも言えるだろう。

スバルデザインは、大きいところから小さなところまで意味を持たせたい

スバル 次期インプレッサ(左)スバル商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャー 阿部一博氏/(右)スバル商品企画本部 デザイン部 部長 石井守氏

新型インプレッサにはスバルご自慢のアイサイト以外にも後方ブレーキ、ブラインドスポットなど全方位で危険を検知するためのセンサーが備わっている。

そして、これらのセンサーが発する警報をどのように伝えていくかが重要なのである。ドライバーが瞬時に何をしたらいいのか伝えなくてはならない。これは自動運転時代の核となる技術であろう。

また、スバルはどちらかといえば正統派の二枚目を造ってこなかった印象があるが、新型インプレッサではハッとするようなエクステリアを備えた。

たとえばそのプロポーションである。それもこれも新プラットフォームであるスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)の採用によって、トレッドが拡大したことが大きいのだろう。

デザイン部長の石井守氏は「スバルのデザインは、大きいところから小さなところまで意味を持たせたいと思っています。航空機の世界ではデザイナーはいませんよね。設計者が究極の設計をして機能美となり、非常に美しい形となっています。そこにはモノ作りのこだわりの精神があるのです」 と語った。

一つひとつの言葉にスバルの矜持が光る。一刻も早く日の光の下で新型インプレッサを眺めたいと思った。

[Text:清水和夫]

筆者: 清水 和夫

スバル インプレッサ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサ の関連記事

スバル インプレッサの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20