autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ 3ページ目

試乗レポート 2010/12/3 13:51

スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ(3/4)

関連: スバル フォレスター Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ

より小さく高級なスポーティカーみたい

スバル フォレスターtS
スバル フォレスターtSスバル フォレスターtS

まずエンジンをかけると、「ブロロロロ…」とスバル車らしい排気音が響く。ここは正直ややうるさめで、個人的にはちょっと抑えて欲しいくらいだが、懐かしいと言えば懐かしい水平対向エンジンサウンドだ。

なにより驚いたのが、走ってものの5mで「おや?」と感じること。STIの本拠地の三鷹から下道を走り出してすぐにそのナチュラルな手応えを感じる。ぶっちゃけあまりボディサイズを感じないのだ。プロドライバーぶるつもりは毛頭ないが、ボディが1.5トンを超え、車高が1.6mを超えるSUVには大抵特有の遅れがある。

重心の高さや、固めきれない足の柔らかさにより、ちょっとしたカーブでボディが大きく左右に揺れたり、加減速で前後にギクシャクしたりする部分で、もちろん普段は気づかず、無意識的にその遅れを吸収して運転しているが、要するにそれがSUV特有のダルさ、つまらなさに繋がる。

ところがフォレスターtSには気になるダルさがほとんどない。ロール自体が少ないこともあるが、それ以上に一体感がある。

それだけではない。さらに驚いたのは乗り心地だ。聞けばノーマル比でだいたいスプリングが1.5倍、ダンパーが2倍硬くなってるというが、乗り心地は逆に良くなっている。というのも普段の細かいゆれが減ってるのはもちろん、路面段差などでもショックがガツン!と入ってこないのだ。

ついでにビックリしたのが、足のしなやかさが加減速の滑らかさに効いてること。例えば遅いトラックに引っかかり、無理矢理急ハンドルを切って追い越し車線に移ったとしよう。すると2800rpmから始まる最大トルクもあって大抵、首にガクンと来るくらいのショックを感じるものだが、それがない。急加速や急ハンドルを切っても、予想以上にその衝撃が車内に伝わって来ないのだ。

もちろん搭載されてるスバルの5ATの出来もいいのだろうが、そこにもtSチューンならではの一体感が効いてる。急な操作をしても滑らかに感じる。これこそが真骨頂で、まっこと、辰己チューン侮れじ…なのである。

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20