autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2010/12/3 13:51

スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ(2/4)

関連: スバル フォレスター Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
スバル フォレスターtS試乗レポート/小沢コージ

固めるだけでなく、あえて逃がす!?

スバル フォレスターtS
スバル フォレスターtSスバル フォレスターtS

ベース車のフォレスターをおさらいすると、基本インプレッサをベースに車高を上げたSUVと考えればいい。

しかし、旧型までは極端にボクシーなエクステリアと、SUVらしくない抑え気味の車高により、独特のスバルらしさ、スポーティさを表現できていたが、現行3代目からマッチョなSUV的デザインと車高を採用したため、以前ほどの味を出せてない。よって今回はそれを取り戻すことが主眼となったよう。

ベース車はマイナーチェンジしたばかりの最もパワフルな「Sエディション」。水平対向2.5DOHC16バルブAVCSターボエンジンは、最高出力263ps、最大トルク35.4kg-mを発揮するモデルだ。5ATと組み合わされ、最大トルクを2800rpmの低回転から発揮するので扱い易い。

そこにtSならではの内外装パーツとチューニングパーツが加えられているのだが、いわゆるエンジン関係はオリジナルの2本出しマフラーぐらい。エンジンは法的にも、排ガス的にも手を付けにくいのもあるが、それより足回りやボディ回りだけで十分味わいを増せるというSTIの自信もあるとみた。

改良箇所は定番の専用スプリング、専用ダンパー、専用ホイールは当然、面白いのがレガシィtS にも使ったSTIオリジナルのフレキシブルタワーバーや、前述のフレキシブルドロースティフナー、フレキシブルサポートなどのボディパーツ。

資料によればざっと8か所、フロントやリアのサスペンション回りを中心に装着されているが、辰己さんによると「本当はもっと沢山付いてるんですよ」とか。目立つサスペンション回りだけでなく、ボディのあちこちに細かく、洋服のパッチワークのように補強パーツが取り付けられているという。

曰く「ボディの大きな動きを決めるのはバネダンパーですが、それでは出来ることが限られてくる。乗り心地に関わる振動や音を抑えるためには、細かくボディの力の伝わり方をコントロールすることが大切で、それが力の流れなんです」とのこと。

うーん、実際どうなんでしょ?

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26