autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル フォレスター 2.0XT 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/1/29 15:07

スバル フォレスター 2.0XT 試乗レポート(2/2)

関連: スバル フォレスター Text: 岡本 幸一郎 Photo: 柳田由人
スバル フォレスター 2.0XT 試乗レポート

進化を感じ取れる「SI-DRIVE」

スバル フォレスター 2.0XT

さらに、これも正式にアナウンスされていないが、SI-DRIVEの特性を見直したとのこと。イメージとしてはエクシーガに近い設定とすることで低~中速域の増強を図ったという。

フォレスターで求められる走り味は、車重が重く、多人数乗車も視野に入れ、低中速域のドライバビリティを重視したエクシーガとの共通性が高いとの見解から、エクシーガのマッピングのノウハウを活用。

スロットルを素早く開かせ、そのままフラットにトルクが得られるような設定にしたという。SI-DRIVEというと、先代レガシィの後期型で登場した当初は、インテリジェントモードでは「おしおき制御」と揶揄されるほど、ストレスを感じる印象だった。

しかし、その後に採用された現行フォレスターでは、インテリジェントモードのままでも踏み込めば全開になるようにされるなど、実情に即したものとなった。さらにはこのように洗練されてと、SI-DRIVEも日々進化しているわけだ。

スバル フォレスター 2.0XT

そして、ひさびさにフォレスターに乗って、とても乗りやすいクルマであることをあらためて痛感した。それなりに地上高の高いSUVながら、重心の低いボクサーエンジンとシンメトリカルAWDレイアウトにより、運転感覚においてはそのデメリットを感じさせない。

ストローク感たっぷりの足まわりで乗り心地も良く、操縦性もいたって素直だ。それでいて、ちょっと高めのアイポイントにより、見晴らしがよく取り回しがしやすい。小柄な女性でも、運転しやすいクルマだと感じてもらえるはずだ。

ボディサイズが従来モデルに比べるとだいぶ大きくなったのは事実だが、今や競合車も軒並み大きくなっているので、フォレスターがあまり「大きい」という感じでもないだろう。

むしろ、それにより従来よりも格段に向上した居住空間は大きなプラス要素。とくに後席において、その恩恵はより大きい。また、広大な開口部を持つサンルーフ付き車を選べば、大きな開放感を楽しむこともできる。

フロントスクリーンが比較的立っているので、サンルーフがより前方まで開くため、後席だけでなく前席でも開放感を味わえるのがありがたい。

リーズナブルな価格に、適度なボディサイズと十分な居住性、力強いデザインに、オンもオフもいける走りのよさといった、持ち前のオールラウンドぶりが光るクルマ。

海外で人気を呼んでいるのも、そのあたりが大いに評価されているからだろう。今回、フォレスターのよさをあらためて確認することができた次第である。

スバル フォレスター 2.0XTスバル フォレスター 2.0XTスバル フォレスター 2.0XTスバル フォレスター 2.0XTスバル フォレスター 2.0XT

スバル フォレスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27