autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル エクシーガ 2.5iS 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/1/21 16:48

スバル エクシーガ 2.5iS 試乗レポート(2/3)

関連: スバル エクシーガ Text: 岡本 幸一郎 Photo: 柳田由人
スバル エクシーガ 2.5iS 試乗レポート

スポーティなイメージが似合うエクシーガ

エクシーガ 2.5i-S

CVT車が設定されてからというもの、それまでやや低迷していたエクシーガの販売はほぼ5割増しになったという。

それだけでも大したものだが、“本命”といえる2.5リッターのCVT車が加わったことで、これを待っていた人も少なくないはずだし、さらなる販売増もありうるだろう。

今のところ「2.5i-S」のみとされた2.5リッター車は、2リッター車よりもちょっと上級モデルとして差別化されている。

エクステリアでは、全6色から選べるボディカラーに専用色の「ギャラクシィブルー・シリカ」も用意。スポーティなデザインのフロントグリルが付き、ハイラスター塗装の専用17インチアルミホイールが与えられる。タイヤ銘柄およびサイズは、2.0GTとも同じADVAN A10の215/50R17となる。

エクシーガ 2.5i-Sエクシーガ 2.5i-S

レガシィのイメージを受け継ぐエクシーガは、やはりスポーティな仕様がよく似合う。上品なホイールも好印象だ。自然吸気エンジンなので、もちろんボンネットにダクトはない。

インテリアでは、すべり止め加工を施したアルミパッド付きスポーツペダルが与えられる。さらにアルカンターラセレクションでは、アルカンターラとレザーを組み合わせた専用シートや、MOMO製本革ステアリングホイールがおごられる。

シートが標準仕様ではファブリック+合成皮革となるのは2.0GTと同じ。ただし、2.0GTには「ブラックレザーセレクション」の設定はあるのだが、アルカンターラの設定はない。

実際に座ってみると、アルカンターラという素材がクルマの内装、とりわけシートに用いるには最適であることをあらためて実感させられた。耐久性や防汚性に優れていることはよくいわれているが、見た目の質感も高く、手触りもよく、そして滑りにくいのだ。

シートにとって、妙に滑ることがないというのはとても重要だと思う。こんなスグレモノを7万円あまりの出費で装着できるのだから、選ばない手はないだろう。

エクシーガ 2.5i-Sエクシーガ 2.5i-Sエクシーガ 2.5i-Sエクシーガ 2.5i-Sエクシーガ 2.5i-S
  • href="98
  • 1
  • 2
  • 時代/exiga/report-461630/0003.html">3
  • 次へ
  • href="httpe.jp/subaru/exiga/report-461630/photo/">るートにとって'h車 exiga/rearfix4616epo/phots.g表ru/exiga/report-461630/photo/0012.html"title="士重工業 articjp/subaruiga/report-461630/pho/">otoが ge3時代のニー1635/021_l.jpg"G4 “ttp://fs>