autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル エクシーガ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/7/11 19:45

スバル エクシーガ 試乗レポート(3/4)

関連: スバル エクシーガ Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
スバル エクシーガ 試乗レポート

フレンドリーな2L-FFと、パワフルな2Lターボ

2.0Lターボエンジン
タイヤ&ホイールフルフラット

まず、運転席に座ってすぐに、いわゆるミニバンとは全く異なる雰囲気に驚かされた。ダッシュボードが高く、どちらかというとスポーティセダンのように、ややもぐったような印象なのだ。

さらに、内側のドアミラー部分が盛り上がるように一段高くなっているのがデザイン的にかなりカッコイイものの、視界的には少々気になった。また、私の体格だと、シートリフター&チルトステアリングの調整高が、もう少し欲しいなというのが正直なところ。 しかし、ミニバン嫌いで高い車高を敬遠する人、つまり、ハンドル位置の調整など、必要ないという人には、打ってつけの演出と言っていいだろう。

さて、それはさておき、走り出してまたすぐに驚かされたのだ。確かに最近流行の走り系ミニバンとは違う!のである。どちらかと言えば、ソフトライドと言っても過言ではないくらいの乗り心地で、”とっても気持ちイイ”といういい意味でベタな言葉がピッタリなのだ。誰からも急がされずに、自分のペースでラクに乗れちゃうという感じなのである。

2L-FFと2LターボのAWDに試乗してみたが、よりフレンドリーに乗れるのはやはり2L-FFだ。操作感が軽いので、SUVは初めてという奥様でも付き合いやすいに違いない。パワー的には、フル乗車で荷物フル満載だと少々一生懸命さが感じられてしまうが、普段使いならこれで十分だ。

メーター

ただしスバルらしさを求めるのならば、やはり2Lターボがオススメ。言うまでもなく、パワフルすぎるくらいパワフルなのだが、SIドライブが付いているのでパワーが欲しくないとき、例えば雨や雪などの滑りやすい路面や渋滞中でトロトロ走るときなどは、IモードにしておけばOK!と、フレキシブルに切り替えできるので、スバルファンには是非こちらをオススメしたい。

というのもSIドライブが進化して、Iモードに入れたまま切り替える間もなくパワーが必要になったときは、アクセルを踏んでいれば自動的にSモードに移行してくれるようになったからである。

以前は切り替えを忘れるとあれれ?というようなシーンもあったが、より扱いやすくなっているのだ。本気のS#以外はIモードにしておけばいいので、より燃費にも優しい設定ができるようになったのも、燃料費高騰の折には嬉しいポイントである。またAWDモデルということで、やはり重厚感や安定感もあえて言うまでもないが、格段にこちらの方が上だ。

スバル エクシーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル エクシーガ の関連記事

スバル エクシーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル エクシーガ の関連記事をもっと見る

スバル エクシーガ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20