autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル エクシーガ 2.0GT tuned by STI 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/11/13 17:00

スバル エクシーガ 2.0GT tuned by STI 試乗レポート(2/3)

関連: スバル エクシーガ Text: 岡本 幸一郎 Photo: 村西一海
スバル エクシーガ 2.0GT tuned by STI 試乗レポート

限界コーナリングで実感する接地感とリニアなステアフィール

エクシーガ 2.0GT tunedby STIエクシーガ 2.0GT tunedby STI

装着されたパーツは、走りに直接的に関係するものを挙げると以下のとおり。

足まわりは、強化スプリングとダンパー(フロントは倒立式)に交換されているのはもちろん、これまで多方面で評価を得てきたフレキシブルシリーズの追加バーを、フロントのタワーバーとロアアームだけでなく、新たにリアにも採用している。

また、リアサスリンクの一部(前後ラテラルリンク内側)をピロボールブッシュ化して、路面への追従性向上を図っている。

タイヤサイズ・銘柄は同じだが、17インチ鍛造アルミホイールはリム幅を0.5J拡大した7.5Jとしつつも、1本あたり1.5kgの軽量化を実現し、バネ下重量を低減させている。

こうして与えられた、これらのパーツひとつひとつに理由がある。STIでは単品でのパーツ販売も行なっており、それぞれ装着による効果は期待できるが、このクルマではパッケージとして開発されたところがポイント。トータルでのマッチングを図っているところが強みだ。

走り出すと、ごく低速からすでに違いが感じられる。ステアリングフィールのしっかり感が増しているし、段差を超えたときの振動に一体感がある。市街地から高速道路に乗ると、直進性の高さを実感する。

ノーマルも悪くはないのだが、インフォメーションはちょっと曖昧だった。ところがtunedby STIは、パワステの重さなどで人工的に作り出された感じでもなく、路面のアンジュレーションの影響も受けにくく、クルマ自体の素性で自然に直進している印象。

エクシーガ 2.0GT tunedby STI
エクシーガ 2.0GT tunedby STIエクシーガ 2.0GT tunedby STI

そして、レーンチェンジのときは切り始めからリニアに反応し、微少舵時のシュアな感覚はノーマルとはだいぶ異なる。こうしたフィーリングこそ、走りにこだわるクルマ好きにとっては大事な部分だと思う。

強化された足まわりは、それなりに固めの乗り心地を呈するが、あまり不快な印象ではない。フリクションのないストローク感と、バネ下重量が軽くなったことで、振動が起こりにくくなり、路面追従性が高まっていることが効いている。

それは後席でも同じ。「ゴツゴツ」ではなく、「コツコツ」と軽妙に路面の状況を背中に伝えつつ、フラットな姿勢を保ち、後席にいてもクルマの動きと一体感が高まっているのがわかる。

限界コーナリングでは、ノーマルとは別物の挙動を見せる。適度にロールが抑えられているのはもちろん、ステアリングレスポンスが上がり、リアタイヤがしっかりと接地していることを実感する。

まさに開発陣が語るとおりの、“強靭でしなやかな走り”。それは、「インプレッサとエクシーガでいう“スポーツ”の意味は違う。とはいえ、“楽しい”“気持ちいい”は共通」の言葉どおりだ。

スバル エクシーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル エクシーガ の関連記事

スバル エクシーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル エクシーガ の関連記事をもっと見る

スバル エクシーガ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26