autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル エクシーガ CVT 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/9/25 14:00

スバル エクシーガ CVT 試乗レポート(2/3)

関連: スバル エクシーガ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
スバル エクシーガ CVT 試乗レポート

コントロールしやすくマニュアルモードも好印象のCVT

スバル エクシーガに試乗する岡本幸一郎氏スバル エクシーガ シフト

さっそく、市街地~郊外~高速道路で「2.0i-S」のFF車に試乗。

ドライブフィールは、さすがは「リニアトロニック」と名乗るだけに、リニアさにはこだわって開発されたことがうかがえる。

CVTにありがちな、エンジン回転の上昇が先行する印象は小さく、加減速の微調整もコントロールしやすい。人間の感覚とのズレが小さく抑えられているところに好感。

むろん、機構的にも、欧州勢の多いツインクラッチ系の2ペダルMTほどのレスポンスやダイレクト感は得られないわけだが、発進時や駐車時、渋滞路走行時など微低速走行時にギクシャクすることもなく、スムーズに動き出せる点や、変速のないシームレスな加速を得られる点は強み。

日本の交通事情下で乗るには、こちらのほうが適した面が多いとあらためて感じた次第である。

パドルシフトが付かないのはちょっと残念ではあるが、例の太めのセレクターを右に倒して前後にシフトすると、もちろんマニュアルシフトも楽しめるし、シフトチェンジのレスポンスもけっこう素早い。

この際、変速制御がスポーツモードになるのだが、これがけっこう好印象で、前記のよい印象がさらにワンランク上で味わえるようになる。

スバル エクシーガ エンジン
スバル エクシーガ メータースバル エクシーガ ヘッドライト

100km/h巡航時のエンジン回転数は、2リッターエンジンながら、わずか1,700rpm程度。

燃費は、高速で約12km/L、郊外で概ね8.8km/Lという感じ。おろしたての新車ゆえ、実際には、もう10~15%ほど良くなることが期待できる。悪くない数字だと思う。

ただし、レガシィの2.5リッターに対し、低速トルクの薄さをCVTがカバーしきれていないところは今後の課題といえるだろう。

今回試乗した2リッター車は、大きな不満もない中で、購入コストや維持費が安くすむところがいい。

ウィッシュやストリームを検討している人も、もう少しの出費でクラス上のエクシーガに手が届くことになるのだから、目を向けていいと思う。

フットワークについても、もともと乗り心地はいいほうだったのだが、今回さらに洗練された。

たっぷりとしたサスペンションストロークを生かし、路面からの入力のピークを丸め、さらに、振動をより瞬時で収束させるという印象となった。

スバル エクシーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル エクシーガ の関連記事

スバル エクシーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル エクシーガ の関連記事をもっと見る

スバル エクシーガ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25