autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スバル エクシーガ 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2008/6/17 15:07

スバル エクシーガ 新型車解説(2/3)

スバル エクシーガ 新型車解説

レガシィのオーラが漂うエクステリア

サイドビュー

まず、エクステリアデザインに関してだが、一見するとレガシィをそのまま7人乗りの大きさに拡大した印象を受ける。つまり、レガシィにボリュームが加わり、一回り大きくしたフォルムだ。フロントフェイスはレガシィ譲りなのか、これまでのミニバンにないスバルらしいスポーティな面構えを魅せる。

ターボエンジン搭載の2.0GTはボンネット上に、過給機口が備わる。そしてAピラーからDピラーにかけて競り上がるルーフラインは、キャビンの広さを充分感じさせ、スポーティなフロントフェイスとバランス良く構成している。ボディサイズは全長4740mm×全幅1775mm×全高1660mm、ホイールベース2750mmとし、最小回転半径5.5mとしている。ヘッドランプは、ハロゲンとHIDヘッドランプの2タイプの設定。また全車にツインマフラーを装備しているのも、ミニバンの新しいスタイルを提唱した証拠といえるのではないか。

フロントスタイリングリアスタイリングフロントビューリアビューイメージ1

“パノラマ7シーター”という新型ミニバンの使い勝手

サードシート

そして注目のインテリアは、まず7人乗りの広い室内空間がお出迎え。シートも1列目から3列目まで、どの席に座っても前方への良好な視界が楽しめる“シアターシートレイアウト”を展開している。

現状、こういった3列目は前方の視界を塞がれがちだ。そこで新たに2列目と3列目の着座位置を、前列シートよりプラス20mm高く設定したシートポジションにすることにより、全席から広い視界を得ることができるのだ。まさに画期的なシートスタイルといえる。シートカラーに関しては明るいアイボリーと、スポーティなブラックの2バリエーションを設定している。またオプションで本皮シートも設定している。

エクシーガの着座レイアウトは、2列目が3人掛け、3列目が2人掛けとなる。さらにエクシーガの最大の特徴は2.0iを除く全車に備わる大きなパノラミックガラスルーフ装備だ。ガラスエリアが、フロントシート頭上からリアシート頭上にまで広がる光景は、室内をかなり開放的に印象づけてくれるはずだ。

ラゲッジスペースは、低床式タイプのリアダブルウィッシュボーン式サスペンションを新開発している為、荷室幅、荷室高を大きく設定し、7人乗車時で充分な容量のスペースを確保している。また、フロアボード下には小物類が収納できるアンダーボックスを設置。さらに、シートバックにボードを固定すれば、背の高いベビーカーを立てたまま積載することも可能である。

パノラミックガラスルーフオーバーヘッドコンソールボックスフロントシートリアシートラゲッジスペース

スバル エクシーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル エクシーガ の関連記事

スバル エクシーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル エクシーガ の関連記事をもっと見る

スバル エクシーガ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26