autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル BRZ 試乗レポート/マリオ高野 2ページ目

試乗レポート 2012/2/7 18:43

スバル BRZ 試乗レポート/マリオ高野(2/3)

関連: スバル BRZ Text: マリオ 高野 Photo: 茂呂幸正
スバル BRZ 試乗レポート/マリオ高野

待望の「フラット4 NAスポーツ」、全開加速で得られる快感は想像を超えた!

そしてエンジンの感触を味わうためにアクセルを踏み込むと、「スバルもついにここまで来たかあああああ~!」と、スバリストなら早くもここで感涙にむせび泣くことが避けられないかも知れません!

スバル BRZ 走行イメージスバル BRZ 走行イメージ

スバルの水平対向4気筒としては初となる、“NAでリッターあたり100馬力”を発生するリアルスポーツ性能を備えたユニットは、多くのスバリストが長年待ち望んでいた、まさに待望の“フラット4のNAスポーツ”なのであります。

そして、その感触はマリオの想像をはるかに越える官能度の高いものであったと断言させていただきます。

排気音というよりは、前方から聴こえて来るエンジン本体が発生するメカニカルなサウンドと吸気音の調律が絶妙で、ただエンジンの音が聴きたいがために低めのギアを選んで、無駄にエンジン回転を高めにキープしたくなる類いの甘美な音質に酔いしれました。

これまでのトヨタの直噴技術「D-4」を積んだエンジンは、効率は良い(パワーがあって燃費が良い)けど、音質や回転フィールは残念レベルだったとの印象が強かったので、正直、あまり期待していなかったのですが、全開加速時には脳ミソが耳から出そうになるほどの快感が得られてビックリ!

未熟なヒール&トゥ(ブレーキに意識が行き過ぎてアクセルを煽る力が弱い)によるアクセルONでも瞬時に回転が跳ね上がる鋭敏なレスポンスと、いかにもNAらしく回転を上げれば上げるほどパワフル、かつキモチ良くなっていく陶酔の世界に浸れるヨロコビを、スバルのクルマで初めて味わえたことは「歴史的快挙」といっても過言ではありません!

スバル BRZ 「FA20」2リッター水平対向4気筒エンジン

他のリッター100馬力級の4気筒NAエンジン、たとえばホンダのタイプR系やルノースポールと比べると、野蛮さを控えて雑味を消し、よりまろやかな感触に仕立てられたのは、直4よりもバランスに優れた水平対向エンジンならではの美点でしょう。

回転がレブリミット近くに上昇しても、エンジンを酷使してるような罪悪感を抱くことは皆無。今どきのエンジンとしては珍しく、最大トルクの発生が6400回転~と高めなので、飛ばさなくてもメリハリのあるパワーフィールが得られるのも大きな魅力です。

スバル車の常識を覆す、絶妙なセッティングによる6ATの楽しさ

スバル BRZ 本革巻ATセレクトレバー

早くも「名機」と呼びたくなるこのエンジン。

組み合わせるミッションは、言うまでもなくMTに限る!といつもなら断言するところですが、BRZはここでもスバリストの常識を覆してくれました。

6ATの制御が存外に素晴らしく、そして面白いのです!

通常の状態では、いたって良く出来た優秀なATで、「あぁ、さすがアイシン製ですね、スムーズですね、変速が…」と言って終わりそうになるのですが、制御スイッチを「スポーツ」に入れると別物に激変!

変速タイミングやロックアップの領域が一変し、トルコンATとは思えないほどダイレクトでメリハリのあるATに化けてくれる上、自動シフトダウンのタイミングが信じられないほど絶妙、かつブリッピングの仕方がスポーティなのです。

スポーツカーで「積極的に選びたくなるAT」と出会えたのは生まれて初めてでした。

同じくアイシン製ベースのMTのほうは「スバル車らしいシフトフィール」に仕立て直すため、相当の部品が刷新されたようで、違和感はゼロ。

一部のトヨタ車のMTにありがちな、ギアはスコスコと入り扱いやすいけど味わいはイマイチ……という感触ではないので、不満を抱くスバリストはいないでしょう。

スバル BRZ フロントイメージスバル BRZ リアイメージスバル BRZ テールランプスバル BRZ マフラースバル BRZ アルミホイール&タイヤ

スバル BRZ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル BRZ の関連記事

スバル BRZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル BRZ の関連記事をもっと見る

スバル BRZ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25