autoc-one.jp 記事・レポート カーソムリエ 第18回「関東学生対抗 軽自動車6時間耐久レース」イベントレポート/マリオ高野 2ページ目

カーソムリエ 2014/10/28 18:48

第18回「関東学生対抗 軽自動車6時間耐久レース」イベントレポート/マリオ高野(2/3)

第18回「関東学生対抗 軽自動車6時間耐久レース」イベントレポート/マリオ高野

【東京農業大学自動車部/石岡さん】

東京農業大学自動車部/石岡さん

2台のうち、1台は横転してしまいました。転倒した本人は、毎日毎日整備して作業して、一生懸命クルマを作ったのにと残念がっていましたが、それでも全員レースを楽しめたと思います。もう1台の4位という結果は、完走を目指していたので満足です。

完走できた要因は、他のクルマが横転したときにピットインし、その間に車両を直せたなど、ピットワークがタイミング良くこなせたことも大きかったですね。全体的にチームワーク良く、上手く回せたと思います。

東京農業大学自動車部/石岡さん東京農業大学自動車部東京農業大学自動車部東京農業大学自動車部東京農業大学自動車部

【日本大学自動車部/田村さん】

日本大学自動車部
日本大学自動車部日本大学自動車部

残念ながら2台ともリタイヤという残念な結果に終わってしまい、レースの難しさをあらためて実感しました。今年からインジェクションが解禁となりましたが、そのインジェクションが軒並み壊れてネックになってしまったので、整備のありかたを反省したいと思います。

後ろを走るクルマに追突させないよう、リアのウインドーに文字のシールを貼ったなど、一定の存在感は発揮できたと思います(笑)来年は心機一転、エンジンを載せ換えて今年のリベンジを誓います!

【駒澤大学体育会自動車部/佐藤さん】

駒澤大学体育会自動車部
駒澤大学体育会自動車部/佐藤さん駒澤大学体育会自動車部/佐藤さん

初めてのレースがこんな悪天候で、最初は不安でいっぱいでしたが、周回を重ねるごとにだんだん楽しくなりました。普段の一般道では泥の道を走ることはありませんが、極限での運転を体験できたことは有意義だったと思います。すぐにスピンしそうになる路面でのクルマのコントロールはとても難しいけど、すごく勉強にはなります。

自動車部には、大学に入る前から自動車の運転が格好良いと思っていたので入りました。自分のクルマはまだ持っていませんが、いつかシルビアを買ってドリフトがしたいです。レースで運転を磨いてシルビアを買うのが夢です!

【青山学院大学体育会自動車部/新堀さん】

青山学院大学体育会自動車部

「加盟校の部」で優勝できた理由を自己分析すると、やはり〝基本に忠実な整備〟が実施できたことに尽きると思います。各部の増し締めなどの地味な作業も完璧でしたし、ドライブシャフトは新品を用意するなど、準備も万端。

4年生は最後の集大成なので、悔いのないように徹底してやれたことが強みになったのだと思います。今回の好結果を受けて、整備の重要性を再認識しました。

青山学院大学体育会自動車部/新堀さん青山学院大学体育会自動車部青山学院大学体育会自動車部青山学院大学体育会自動車部青山学院大学体育会自動車部

【明治大学体育会自動車部/金子さん】

明治大学体育会自動車部明治大学体育会自動車部/金子さん

3台のうち1台は14周でリタイヤ。残りの2台は完走しました。完走した2台も入賞はできませんでしたが、転倒や接触などでクルマを壊さずに済んだので、来年以降もお金をかけずに長く使えることは良かったです。とはいえ、こういったタフなレースでは、もっともっと入念な整備が必要だと痛感しました。

なかなか整備する時間がとれず、昨日、出発する直前まで整備していたのですが、オーバーヒートを起こしたので、やはり不十分だったようです。マシンは、普通のヴィヴィオが入手困難となったためビストロを選択。5ドアだけどホイールベースは3ドアと一緒で、MTなら安かったですね。インジェクション車はキャブより速く、ビストロの戦闘力も侮れないと思います。

【食事の準備】

連盟食堂

自動車部OB有志が自主的に運営している連盟食堂では、うどんやドライカレーなどの食事が振る舞われ、食欲おう盛な学生たちの行列が絶えませんでした。

OBの一人は、「この食道の費用は各大学のOB会から少しずつ援助していただきました。OBの方は様々な業界で活躍されており、今回も大手食品メーカー様の食材を用意してもらって、食中毒などの事故がないよう、安全性を最重視しています。皆さんボランティアですが、学生さんたちに美味しく喜んでもらえたらそれだけで報われるし、最高ですよ!」と、とても楽しそうな笑みを浮かべながら調理し続けておられました。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!