autoc-one.jp 記事・レポート カーソムリエ 「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」レポート/マリオ高野 3ページ目

カーソムリエ 2014/9/17 09:49

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」レポート/マリオ高野(3/3)

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」レポート/マリオ高野

「「サーキットRound」のCR-Zは無限が手を入れた特別仕様車!

全日本エコドライブチャンピオンシップ2014

ちなみに「サーキットRound」で使用したホンダ・CR-Zは無限の特別仕様車で、専用サスペンション/フルバケットシート/エアロパーツ/オーバーテイクシステム/4点式シートベルト/専用エキゾーストなどを装備。

エンジンはノーマルながら内張りを剥がすなどして軽量化がはかられた仕様となっている。ステアリングに備わるパドルで電気モーターによるIMAアシストパワーを一時的に増大させることができ、これをいかに上手く利用できるかが好成績を記録するポイントだ。

3Roundのトータルでの成績は、総合34位/クラス18位と、オチとしてはイマイチ弱い結果となってしまったが、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを占有してタイム・燃費アタックに没頭できるというのは非常に貴重な経験なので、両名とも興奮度と満足度は極めて高いものがあった。

全日本エコドライブチャンピオンシップ2014に参加した学生カーソムリエの斎藤さん(青山学院)

学生カーソムリエの斎藤さん(青山学院)に話を聞いてみると、

「鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを走ることはもちろん、CR-Zを運転するのも初めてだったので、すごく感激しました!エコも大事ですが、とにかく楽しく走ることを重視したかったので、CR-ZでのサーキットRoundでは燃費を気にせずアタック!(笑) 燃費は8km/ℓ台と悪かったですが、CR-Zのハンドリングの素晴らしさを堪能することができて大満足です!」

と興奮気味。貴重な機会を満喫していた様子だった。

「去年の右京氏のアドバイスが参考になった」と、優勝の慶應義塾大学

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」学生の部 優勝の慶應義塾大学 自動車部
「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」総合優勝のファインモータースクールさん「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」総合優勝のファインモータースクールさん

「学生自動車部の部」で見事優勝したのは慶応義塾大学。去年に続いての連覇となった。

去年、片山右京氏から「エネルギー回生をあまり意識せず、速いスピードを保つことを心がけたほうが良い」とのアドバイスを受けたことが参考になったという。

参加したのはすべて経験豊富な4年生で、それぞれの競技を得意とする人材を適材適所に配置。レンタカーのアクアで実戦を想定したエコランの練習も重ねたなど、本気で勝ちにいったことが奏功したようだ。

2位には日本大学、3位には広島国際学院大学が入賞。「一般の部」では自動車学校のファインモータースクールが優勝し、2位は商運サービスGEPチーム、3位はチームYOKOHAMAが入賞している。

レース終了後は、モータージャーナリストや片山右京氏、レーシングドライバーらによるトークショーが行われ、イベントを締めくくった。

片山右京氏

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」にて片山右京氏

「去年は優勝させてもらったんですけど、今日は暑かったのでCR-Zでスポーツモードでエアコン全開、しかもスポーツモードにして走ってしまったので結果はイマイチでした(笑)エコランのコツを一言でいえば、〝どれだけガマンできるか〟に尽きます。その意味では、若いレーシングドライバーよりおじさんのほうが向いてる競技と言えますね。

燃費はレースで勝つためにも非常に重要で、たとえばル・マン24時間レースやF1などのフォーミュラでも燃費は大事で、エコランができないとモータースポーツのすべてのカテゴリーで勝つことができないのが現実です。最近のF1でもハミルトンはライバルより3%燃費が良かったので、それが良い結果に直結しているんですね。ハイブリッドカーや電気自動車は、普通に乗っているとクルマ好きとしては物足りない部分もあります。

僕も若い頃は「F1に乗れたら死んでも良い!」と思っていて、ただひたすら速さしか追求していなかったけど、大人になって視野が広がってからは環境のことも考えるようになりました。現役のときは無駄なエネルギーを使っていたと反省していますが、今頃になってこういうイベントで勉強させてもらえるのは、我々にとっても有意義なことだと思っています」

影山正彦選手

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」にて影山正彦選手

「ウチのチームは一周目から全開で、若手は『右京さんを抜く!』と意気込んで熱くなっちゃいましたね(笑)

僕もたまにプリウスカップなどでエコランを楽しませてもらっていますが、グループCやル・マンでなどガソリンを制限されるレースは昔からありましたし、基本的に速いドライバーは運転がエコなんですよね。マシンやタイヤに負担をかけずに速く走ることは、エコランと共通点が多いんです。

このイベントに参加していた大学の自動車部の人たちは、将来クルマを作る側になる人が多いと思いますが、クルマの楽しさを知らないと楽しいクルマは作れないと思うので、こういうイベントでクルマで競い合う楽しさを経験して欲しいですね」

井口卓人選手

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」にて井口卓人選手

「燃費を良くするには繊細なアクセルワークが必要ですが、それを意識することにより、エコだけでなく安全運転にも繋がります。クルマの動きを繊細に感じながら運転する感覚を忘れず、一般道での日常の運転でも意識して欲しいですね。

クルマを単なる移動手段と思わずに、動きを繊細に感じながら運転すれば、クルマはもっと楽しくなるし、さらに安全になると思います」

日下部保雄氏

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」にて日下部保雄氏

「エコランチャレンジは、運転中にいろいろ考えなきゃいけないことが多く、極めて知的なスポーツです。低燃費を維持しながら速く走るには効率の良いコーナリングラインが重要ですが、プロのレーシングドライバーが一緒に走ってくれたことで、皆さんの参考になったと思います。

片山さんの言う通り、競争は人間の原動力。我々もこういうイベントで今の歳になっても勉強できるのは素晴らしいことだと感謝しています」

ホンダ CR-Z 関連ページ

日産 リーフ 関連ページ

トヨタ アクア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-Z の関連記事

ホンダ CR-Zの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-Z の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-Z の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29

  • ホンダ

    新車価格

    130万円222.1万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円