autoc-one.jp 記事・レポート カーソムリエ N-ONE レーススタディモデルに学生カーソムリエが体験試乗!「Honda Racing THANKS DAY」レポート/マリオ高野

カーソムリエ 2013/12/13 18:40

N-ONE レーススタディモデルに学生カーソムリエが体験試乗!「Honda Racing THANKS DAY」レポート/マリオ高野(1/2)

関連: ホンダ N-ONE Text: Photo: オートックワン編集部
N-ONE レーススタディモデルに学生カーソムリエが体験試乗!「Honda Racing THANKS DAY」レポート/マリオ高野

N-ONEにロールケージ!?「ホンダ N-ONE レーススタディモデル」に学生カーソムリエの2人が挑む!

Honda Racing THANKS DAY 2013
Honda Racing THANKS DAY 2013Honda Racing THANKS DAY 2013

ホンダのモータースポーツファン感謝デーとして知られる恒例イベント「Honda Racing THANKS DAY」が、2013年の今年もツインリンクもてぎにて大盛況のうちに開催されました。

4輪部門はSUPER GTやインディー・カーシリーズ、ツーリングカー選手権、2輪部門はMoTo GPや鈴鹿8耐、全日本ロードレース選手権など、モータースポーツのトップカテゴリーで活躍するホンダのマシンやドライバー/ライダーが勢揃い!

GTマシンの同乗試乗体験をはじめ、サーキットサファリやパレード、ホンダチーム同士によるバトルが観られるスペシャルレースなど、盛りだくさんのメニューで多くのホンダファンを熱狂させてくれました!

ホンダ N-ONEレーススタディモデル

そんな中、ツインリンクもてぎの北ショートコースでは「ホンダ N-ONE」のワンメイクレース仕様車「N-ONE レーススタディモデル」の試乗体験イベントが開かれました。

N-ONEのサーキット仕様車に試乗したのは、学生カーソムリエの「早稲田大学 石塚さん」と「横浜国立大学 米澤さん」の2名!彼らが北ショートコースをN-ONEでアタックしましたので、その様子とインプレッションをお届けしましょう。

日常ユースも考慮されている「N-ONE レーススタディモデル」

ホンダ N-ONEレーススタディモデル

今回、石塚さんと米澤さんが試乗した「N-ONE レーススタディモデル」の装備内容は、以下の通り。

・ローダウンサス(約20mm車高ダウン)

・強化ダンパー

・強化ブレーキパッド

・強化ブレーキホース

・ミッション(CVT)オイルクーラー

・ロールゲージ

・4点式シートベルト

・フロントバケットシート(運転席)

・専用デザインアルミホイール

ホンダ N-ONEレーススタディモデルホンダ N-ONEレーススタディモデルホンダ N-ONEレーススタディモデルホンダ N-ONEレーススタディモデルホンダ N-ONEレーススタディモデル
ホンダ N-ONEレーススタディモデル

ホンダでは、2014年に軽のワンメイクレースがスタートします。

「N-ONE レーススタディモデル」は、そのワンメイクレースに出場するための仕様なのですが、レース仕様車とはいえ基本的には日常的なドライブでの快適性や実用性を損ねないことが重視されているので、見た目はノーマル車とほぼ同じ。わずかに低められた車高とホイールデザイン、フロントグリルの奥に見えるミッションクーラーの存在がエクステリアの識別ポイントです。

サスペンションは固められてはいますが、やはり日常ユースを考慮しているおかげで乗り心地が悪化しているというほどではありません。

やや引き締まったことで、重心の高さを感じにくくなっている点など、おそらくスポーティカーが好きなドライバーからは「むしろ、ノーマルよりも乗り心地が良い!」と評価されることでしょう。

ホンダ N-ONEレーススタディモデル

車内に張り巡らされるロールケージは6点支持のしっかりしたものですが、乗降性の妨げにはならず、居住空間への侵食もごくわずかなので、日常域でのデメリットはゼロに近いと言い切れます。ブレーキパッドの鳴きも最小限で、冷えた状態での初期制動にも違和感なし。

いずれのパーツも後付けできるものなので、硬質な乗り味を求めるN-ONEオーナーの皆さんは要注目ですね。

ホンダ N-ONEレーススタディモデルホンダ N-ONEレーススタディモデル

今回の試乗体験ではインストラクターの指示の元、サーキットアタックをする前に時速60kmからのフルブレーキテスト、そして時速60kmから80%程度のブレーキ踏力で、ブレーキポイントから25mぴったりで止まるテストを行いました。

サーキットでアタックをする前に、クルマの制動性能がどの程度なのか、またドライバー自身がしっかりとフルブレーキを踏み切れるかどうか(ABSが作動するまで)を確認する意味が込められています。

実施中、無線によりインストラクターから事細かなアドバイスを受けられるので、運転に自信がない人でも不安をかかえたままサーキットコースに入らないで済むのはありがたいですね。

運転にある程度自信がある人にとっても客観的な評価を受けることで、自分では気が付かなかった課題が見つかったりするもの。すべての人にとって、有意義なカリキュラムだったといえます。

さすが、学生カーソムリエの2人は難なくこれをクリア!両名とも「軽自動車なのにブレーキタッチに剛性感があり、効きの強さも満足できるものでした」と、なかなか好印象の様子でした。

ホンダ N-ONEレーススタディモデル

軽くウォーミングアップしたところで、いよいよ北ショートコースでアタック開始。

この北ショートコースは本来カートや二輪が走ることを想定したコースで、一周の長さは約982m。軽自動車では直線でも時速80km程度と速度域は高くなりませんが、時速30~40km程度でしか曲がれないRのキツイヘアピンがあるなど、なかなかのテクニカルコースといえます。

先導車の追従走行でラインを覚えた後はフリー走行。助手席にはインストラクターが乗りますが、ある程度スキルのあるドライバーの場合は、走行中に横からアレコレ言われることはないので運転に集中できます。

学生カーソムリエ両名が感じたN-ONEレーススタディの印象は、次ページで!

ホンダ N-ONE 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-ONE の関連記事

ホンダ N-ONEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-ONE の関連記事をもっと見る

ホンダ N-ONE の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円