autoc-one.jp 記事・レポート カーソムリエ 第一回 カーソムリエ学生選手権 最終選考を突破した3名による“ジュネーブモーターショー”振り返り座談会 [インタビュアー:飯田裕子] 2ページ目

カーソムリエ 2013/12/15 15:15

第一回 カーソムリエ学生選手権 最終選考を突破した3名による“ジュネーブモーターショー”振り返り座談会 [インタビュアー:飯田裕子](2/3)

第一回 カーソムリエ学生選手権 最終選考を突破した3名による“ジュネーブモーターショー”振り返り座談会 [インタビュアー:飯田裕子]

日本ではあり得ないベントレーが・・・!!

スイス ジュネーブの街並み第一回学生選手権 ファイナリストの「石河 雄太」さん

飯田:ここからは、ジュネーブショーでのことを振り返りたいんですが、まずモーターショーに行く前にジュネーブという街を見て思ったことを教えてください。

石河:僕はヨーロッパの人がクルマを道具として使い倒していることと、オープンカーが多く走っていることにビックリしました。特にすごく汚れたベントレーのGTCが走っていて、それがカッコよく見えたのは印象的でした。日本人って高級車だと特にクルマを大事にしますからね。

 飯田:「日本であんな汚いベントレーを見ることはまずない」ってくらい汚れたクルマだったよね。

石河:それと日本では売っていないクルマを含めて、いろんなクルマが走っていたことも印象に残りました。これは特にスイスには自国のクルマがないゆえだと思いますが。

スイス ジュネーブの街並み第一回学生選手権 ファイナリストの「大塩 純平」さん

竹内:行く前はスイスというと観光国というイメージしかなかったのですが、ジュネーブ に行く途中の郊外は自然が豊かですし、街も綺麗でそれほど広い訳でもないので電車でも移動しやすくて、観光国であることがよく理解できました。

大塩:街は綺麗すぎるくらいですよね。僕は格式の高さも強烈に感じたので、フェラーリのようなスーパーカーのデビューの場に選ばれることもすぐに納得できました。同時に「自分にはとても住める街じゃない」とも思いましたけど(笑)そんな街で、日本でいうヤン車にモディファイしたBMWのX5を見たこともちょっと衝撃的でした。

飯田:そのクルマって妙によくまとまっていたよね(笑)

ヨーロッパというニュートラルなモーターショーだからこそ感じた、韓国勢の脅威

モータージャーナリストの飯田裕子さん

飯田:では、本題のモーターショー取材に移る訳だけど、一般的にジュネーブショーは会場の広さが適当で見やすい、出展車の中身が濃い、出展車すべてがニュートラルに扱われると言われていますが、ショーを見た第一印象はどうだった?

石河:会場の立地がいいことも大きかったのか、駅なかみたいに動きやすく感じましたね。ショーに行って初めに強く感じたのは現代、起亜といった韓国勢に強い存在感があったことです。日本にいると韓国車は正規輸入もないのでノーマークになりがちですが、クルマをあくまで質の良し悪しで見るヨーロッパでの韓国勢の存在感を見ると、強い脅威を感じました。

第一回 学生選手権を勝ち抜き、ジュネーブモーターショー2013で現地レポートをしてくれた3名の学生達

大塩:ジュネーブで韓国車を見ると、韓国車はすでにかつての日本車のポジションまで来ていることが如実に分かって、韓国車には怖さのようなものも感じましたね。

石河:日本車の立ち位置が中途半端に見えましたよね。今後「大量生産、低価格、壊れない」といった売り方は日本以外のアジアの国でも可能になるでしょうから、「日本車これからどういう方向に進めばいいのか」ということを真剣に考えるべきだと思いました。

竹内:僕も日本車をアウェイというかニュートラルな評価を受ける国で見て、日本車の客観的な評価やポジションが分かったことが印象的でした。

石河:僕はチューニングブランドの展示が多かったことにも驚きました。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!