autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相 第十二回/テレビ・新聞が書かない「EVの真実」

エコカーの真相 2011/12/21 13:00

エコカーの真相 第十二回/テレビ・新聞が書かない「EVの真実」(1/3)

Text: 桃田 健史 Photo: オートックワン編集部
エコカーの真相 第十二回/テレビ・新聞が書かない「EVの真実」

テレビ・新聞が書かない「EVの真実」

FT-EVⅢ
日産 ピボ3BMW i3

第42回東京モーターショー2011において、各メーカーはこぞってEV(電気自動車)を出展した。

トヨタ「FT-EV Ⅲ」、日産「PIVO 3」、ホンダ「フィットEV」、ダイハツ「PICO」、スズキ「Q-コンセプト」、BMW「i3」などだ。こうしたEVを前に、テレビや新聞は

「エコカーが本格化。EVがどんどん売れる時代になる」

と報道する。

しかし、クルマに詳しい本サイト読者のなかには、EVの普及に対して疑問を持っている方も多いはずだ。

例えば―――、

「毎日通勤に使っています、リーフ。確かにこれ、良く出来たクルマだと思います。乗り味もハンドリングも、上級なガソリン車並です。でも、航続距離が少ないのも確か。フルに充電しても、実際には100kmちょっと走れればいい。まあ、僕はこれで十分ですけど。EVはまだまだ、創成期だと思いますね」(東京都府中市在住・リーフのオーナーさん)

「コンビニとかで、インフラはこれから増えるみたいやけど。でも、本当にこれからEVが急に増えるンか? 第一、トヨタはハイブリッドとプラグインハイブリッドが主体やし。雑誌とかで、トヨタがEVに本気になるの、まだまだ先だって言うてるやん」(大阪府豊中市在住・メルセデスEクラスのオーナーさん)

「Webで見たけど、マツダはデミオEVを開発しているらしい。でもそれって、アメリカの法律の対策だって書いてありました。フィットEVも出るみたいだけど、コンパクトカーでEVって、どうなんでしょうか?ミライースとか安くて燃費が良いクルマ、これから増えそうだし。EVだと値段、高くなるンじゃないですか?」(広島県広島市在住・デミオのオーナーさん)

こうした声にズバリ、お答えしよう。世界各地でEV最新現場の取材をしている筆者が、EV業界の裏と表をご案内。

これさえ分かれば、あなたも今日から「EV通」だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!