autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(2)」

特別企画 2011/11/15 10:01

【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(2)」(1/3)

Text: 島下 泰久
【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(2)」

モータージャーナリストの島下泰久さんが考える、”女性のため”のクルマ選び、第2弾をお届けします。

日常にちょっと艶メキをプラス

服でも、小物でも、家具でも、普段から”良いもの”に触れているということは、とても大事なことだと思います。常に感性が磨かれて、普段の生活にも艶めきがプラスされる。普段の生活のクオリティが、自然と高まるのです。

当然、クルマも一緒です。別に奇をてらったものでなくても、質の高いもの、洗練されたもの、独自の世界を気付いているものであれば、普段の暮らしをともにするだけで、日常をひとクラス上質に演出してくれることでしょう。

いわゆるプレミアムカーというのは、単に高級だ、あるいは高性能というのではなく、そうした魅力をもったクルマのことを指します。質の高い素材を使い、丹念につくり込まれたクルマは、ともに過ごす時間をきっと豊かな、艶めきあふれるものにしてくれるでしょう。

【アウディ A1】

アウディの末弟であるA1は、何よりコンパクトカーとは思えないほどの上質な仕立てに感心させられます。サイズは小さいのにこれだけ艶めきをかんじさせるクルマは他にはそうありません。

小さくて、しっかり作り込まれたものって実は日本人の琴線に触れるんですよね。

【日産 スカイラインクーペ】

ヨーロッパには選択肢がたくさんある4人乗りのクーペですが、日本では少数派。後席も荷室もスペースは余裕で使い勝手は実はセダンに遜色無いのに、見た目の華やかさは歴然。

特に子離れ世代の方がこういうクルマに乗っていると、とても贅沢に見えて羨ましくなります。

【レクサス IS】

たとえば塗装の深みのある艶、インテリアの精緻な組み付け、そして磨き上げられた走り。ISはあらゆるところでクオリティという言葉を実感させてくれます。

クーペのようなスポーティなスタイルも贅沢。普通に使えて、普通とちょっと違う豊かさを実感できるクルマです。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!