autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(1)」 3ページ目

特別企画 2011/11/15 10:01

【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(1)」(3/3)

Text: 島下 泰久
【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(1)」

クルマで非日常を味わいたい!

乗っていると、普段の日常とはちょっと違った時間が過ごせる、あるいは現実離れしたような気分になれる。非日常を味わいたい人のためのクルマとは、大雑把にいえばそんな存在です。たとえば、近所に買い物に行くような格好では乗れないようなオシャレなクルマ。自分の服装やメイク、小物にもそれなりに気を遣わないと負けちゃうような車は、乗る支度をしている時からすでに、いつもと違う時間に誘ってくれます。

また、世の中にはサイズやデザイン、存在感が規格外のクルマもあります。詳しくない人にも「すごいのに乗ってますね!」と言われるようなクルマ、あるでしょう?そういうクルマは普段使いしていても、どこか浮世離れして見えて、自分も周囲も楽しくなれます。

せっかくの1台だから単なる道具、日常の延長ではなく、非日常に連れて行ってくれるクルマを。そんな選び方もアリじゃないでしょうか。

【フォルクスワーゲン ゴルフカブリオレ】

久々に復活したゴルフのオープンカーは、昔よりもオトナになった印象。Tシャツにジーンズというよりは、ちょっとオシャレして出かけたいクルマになりました。日常を変える力が、そこにはあります。

とは言え、使い勝手の良さはあくまでゴルフ。その点はご心配なく。

【ダイハツ コペン】

軽自動車でありながら電動開閉式ハードトップルーフを持つコペン。普段は気遣いナシに使えるのに、いざ気分がノッた時にはルーフを開け放ってまったく違う走りの世界を楽しめる二面性と、スポーティな走りも魅力。

通勤路だって楽しい時間に変えてくれる1台です。

【トヨタ FJクルーザー】

余裕のサイズと存在感のあるスタイルが、そこにあるだけで周囲の空気を別の色に染めてしまうFJクルーザー。

いざ乗り込んでも視点の高さと垂直に近いウインドウがもたらす新鮮な視界、操縦桿のようなシフトレバーの操作感などが、まさに非日常に誘ってくれるはずです。

筆者: 島下 泰久
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!