autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(1)」

特別企画 2011/11/15 10:01

【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(1)」(1/3)

Text: 島下 泰久
【ahead femme×オートックワン】-ahead 11月号-「女性のための間違いのないクルマ選び(1)」

5年ぶりの復活が話題となった『2011年版 間違いだらけのクルマ選び』。自動車評論家・徳大寺有恒さんと共にこの本を執筆したのが、モータージャーナリストの島下泰久さん。島下さんが考える“女性のため”のクルマ選びをお届けします。

子供と楽しい時間を過ごしたい!

子どもが居るウチのクルマ選びとなると、大抵は広くて、寝っ転がれて、もしかしたらDVDも見られて・・・なんて話になりがちです。

でも、せっかくクルマで過ごす時間なんだから「クルマっていいな、便利だな、楽しいな」と思えた方がいいはず。子どもはもちろん、ママだって。

たとえば、道なき道にも入っていけそうな、いかにもタフなSUVだったり、友達に自慢したくなるぐらいの個性派だったり、雨の日に迎えに行って、自転車ごと積み込んで帰ってこられるような驚くほどの使い勝手を備えていたり・・・とか。そうしたら、きっとDVDなんて無くたって、退屈しないと思うんです。

子どもがキラキラ楽しそうにしていたら、自分だって嬉しい。実はクルマ選びひとつで、子どもと過ごす時間をもっと充実したものにできるんですよ。

【日産 エクストレイル】

どこにだって走って行けそうなラフでワイルドなオフローダーがあれば、子どもの冒険心をスポイルすることなく未知の世界をどんどん切り拓いていけそう。

思い切りアウトドアを楽しんで泥だらけになった子どもの服や道具をそのまま放り込める、水洗いできる内装も嬉しい。

【スズキ ソリオ】

狭い路地でも乗り降りのラクな両側スライドドアを備え、背の高さを活かして迎えに行った子どもの自転車を後席を倒すだけでそのまま積み込めたりと、子育てのあらゆる場面で”ツカえる”1台。

ママのストレスも減って、子どもとの時間、もっと楽しくなるはずです。

【ミニ クラブマン】

ミニも一番の魅力はやっぱりデザイン。ペットのような愛らしさは大人も子供も魅了します。しかもクラブマンなら後席も荷室もプラスアルファの余裕のおかげで、どんな遊びもこなせるはず。

観音開きになるリアドアも、乗る瞬間からワクワク感をもたらしそう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!