autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 米テキサス発「トラック・オブ・ザ・イヤー」の舞台裏 2ページ目

イベントレポート 2011/11/1 19:37

米テキサス発「トラック・オブ・ザ・イヤー」の舞台裏(2/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
米テキサス発「トラック・オブ・ザ・イヤー」の舞台裏

まずはパーティで盛り上がって・・・「本番」はその後で!?

開催初日は、パーティだけ?

10月20日(木)午後6時半、テキサス州南部の観光地「サンアントニオ・マリオット・リバーセンターホテル」のロビーに参加者全員が集合した。

日・米・欧・韓の自動車メーカー関係者、さらに選考に参加するメディア関係者など、ざっと150人ほどがパーティ会場のレストランを目指し、市内をぞろぞろと歩く。

途中「アラモの砦」など有名観光ポイントを眺めなら、楽しくおしゃべり。徒歩15分ほどで、地元の有名ステーキレストランに到着した。

関係者の挨拶なんて、ほんの5分。「じゃ皆さん、楽しんで下さい!」という声で、ビュッフェ形式でステーキやらタコスやら食べながら、ビールやテキーラをガンガン。

午後8時半過ぎ、中締め。その後、ホテルの36階の特設事務局が特設バーとなり、深夜まで飲みまくり。

ちなみに筆者は同日、フロリダ州での学会取材から移動してきた疲れがあり「深夜飲み」には付き合わず。

【手前から】DODGE ジャーニー/リンカーン MKX

翌日21日(金)、午前7時半過ぎにホテル発。クルマで約40分移動して牧場へ。

試乗時間は午前9時30分~午後12時、昼食を挟んで、午後1時~5時。

試乗車は、敷地内にカテゴリー別で整列。

これを、62人のメディア関係者(テキサス州内の新聞、雑誌、ウエブの他、全米レベルのメディア関係者も参加。海外メディアは、テキサス州内在住の筆者のみ)がアットランダムに乗るのだ。

GMC シエラ

ほとんどの試乗車で、メーカー関係者が助手席に同乗する。

同関係者はそのクルマのチーフエンジニアだったり、本社営業部門担当者だったり、地方部門のPR担当者だったりと様々。こうして選考員はそれぞれの立場の人たちと、クルマの性能だったり、実際の顧客の声だったり、様々な情報交換を車内でするのだ。

コースはオフロードが主体で、トランスファーに「4L」設定のあるフルタイム4WDは岩場急斜面を含む約3kmのフルコースへ、パートタイム4WDはフラットなダートの約2kmで試乗。

その他、ステアリングホイールに「On Road Only」をステッカーが貼られたプレミアムSUVなどは、牧場周辺の一般ワインディングロードを走る。

夕食は同牧場でバーベキュー。ホテル着は午後9時。

各メーカー関係者他はその後、ご当地の有名観光スポット・リバーウオーク周辺で深夜まで盛り上がったとか・・・。筆者は各種原稿書きのため「夜の街ツアー」には同行せず。

翌22日(土)、午前9時から牧場で試乗再開。

午後12時で昼食を挟み、午後2時30分に終了。結局この2日間で筆者は、それまでに試乗体験のなかった31台を試乗した。その後、事前に配布されていた投票書類に各部門のトップ3の名前を記載。同書類は無記名で主催者側に提出した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!